« 081228[bx2][mz1]特性不安とDLPFC | Accueil | 081228[bx2]モノとモノの概念的関係~taxonomic/thematic »

28 déc. 2008

081228[bx2][mz1]特性不安と注意と怒り表情と恐怖表情と

081228[bx2][mz1]-2 trait anxiety; angry face; fearful face
Anxiety predicts a differential neural response
to attended and unattended facial signals of anger and fear

表情(恐怖,怒り,ニュートラル)ふたつと家ふたつを同時呈示するような刺激布置で,
教示によって顔に注目するか家に注目するかを変化させる。
そのような状況で,表情の種類,注目の程度(attended/unattended)によって
扁桃体の活動がどう変化するか。
→「怒り」表情に「注目している」とき(「恐怖」「ニュートラル」に比べて)扁桃体が,
  「恐怖」表情に「注目していない」とき(「怒り」「ニュートラルに比べて)扁桃体が,
 それぞれ賦活して,
  その活動量は特性不安得点と有意な正の相関を示していた。

ちなみにFNEというsocial anxietyの尺度もとっていて,その得点でコントロールしても
以上の結果は支持されるし,性差を考慮してもやはり支持された。★

イメージング研究でもSTAIはよく使われるようになったというわけです。
 横軸にTRAIT ANXIETY(のような尺度得点)を,
 縦軸に脳部位の賦活量をとってプロットして相関を,
 というのは最近よく見かけるスタイルですね。
 「どの脳部位が」だけではなく,
 「どの脳部位が量的にどの程度」活動しているか,
 個人差を取り込みつつあるということでしょうか。
 もともと十分に個人差のありそうなコンテンツ・領域の研究においては,ですけど。
 そういう論文を私が好んで読んでいる,ということでもありますけど。

 *

★reviewerの指摘を受けて後から追加して分析してみたけどさ,という雰囲気が
 なんともプンプンする書きっぷりでした。いやいや追加したオマケ的な。
 真相はわかりませんけども。

|

« 081228[bx2][mz1]特性不安とDLPFC | Accueil | 081228[bx2]モノとモノの概念的関係~taxonomic/thematic »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43551221

Voici les sites qui parlent de 081228[bx2][mz1]特性不安と注意と怒り表情と恐怖表情と:

« 081228[bx2][mz1]特性不安とDLPFC | Accueil | 081228[bx2]モノとモノの概念的関係~taxonomic/thematic »