« visuospatial working memoryをうまいこと説明する例 | Accueil | 研究室研究会(院)久しぶり »

09 déc. 2008

08心理学方法論3(心理専攻)「神経心理学」(その2)

2コマ続きの2週目。

前半は,失認・失行・失語のあれこれ(←順番注意)。
「できないこと」だけではなく,「できること」をも調べないと,神経心理学症状名が定まらない。
心理機能と対応付けるのは,
1)脳損傷部位←であるならば,臨床神経心理学ですし,
2)モデル←であるならば,認知神経心理学ということになる。

後半は,各種神経心理学検査の概要。
冒頭にちょっとだけ実習的要素含み,
底本は『神経心理学を理解するための10章』の5章
+『神経心理学評価(アセスメント)ハンドブック
+『標準注意検査法・標準意欲評価法』の一部。
最後に,認知リハビリテーションについてちょっと。

|

« visuospatial working memoryをうまいこと説明する例 | Accueil | 研究室研究会(院)久しぶり »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43371130

Voici les sites qui parlent de 08心理学方法論3(心理専攻)「神経心理学」(その2):

« visuospatial working memoryをうまいこと説明する例 | Accueil | 研究室研究会(院)久しぶり »