« 平成21年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | sleepover久しぶり »

30 janv. 2009

08神経心理学-11&12

記憶のところの続き。

・カテゴリー特異性障害のところの,
 「意味」「概念」は脳のあちこちに,というのは興味を持たれたみたい。


後半になり,言語(失語)。
「090130.pdf」をダウンロード

すなわち授業担当者の苦手分野なのですが...
教科書的なこと+「古典症候の解体」のこと。

・とりあえず,なんと言われようともWernicke-Lichtheim図式を教えないわけにはいかない;
 「神経心理学」を学んだことの証のようなものだから。
 ところであの「おうち」の形は,サザエさんのエンディングで一家が駆け込む
 あの家を連想してしまうのは私だけでしょうか。窓とか煙突とかないけれど。
・昔から,「超」("チョーッ")って名のつく類型が存在していたのでした。

次回は,認知神経心理学モデルとか。
CDで「話せばわかる」ところから←教科書的な記述が,いかにsimplifiedであるかということを。

今日(と次回)の一冊 → 『失語の症候学

失読・失書と,「漢字かな」問題は扱う必要があり。

 *

3週間ぶりの授業だったのですけど,時間配分とかボロボロでした。
授業も「勘」というか,「感覚」の持続が必要です。

さて,残りの回の構成をいかに立て直しましょうか。最後まで到達できるんでしょうか。
ある意味では,想定の範囲内なんですけども。

|

« 平成21年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | sleepover久しぶり »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43907128

Voici les sites qui parlent de 08神経心理学-11&12:

« 平成21年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | sleepover久しぶり »