« クロールされて44万 | Accueil | 平成21年度卒論折衝第二号案件 »

07 janv. 2009

090107[mz3]情動表出の個人差

090107[mz3]-1 emotion expression
Individual Differences in Emotion Expression:
Hierarchical Structure and Relations with Psychological Distress

情動表出に関するあれこれの説があるので,
多種類の質問紙のデータをとって探索的に因子分析しちゃおう系。
(=参加者はかわいそう系)

7因子が抽出された。
 1:感情強度 Affective Intensity
 2:表出へのアンビバレンス Ambivalence about Expression
 3:ネガティブ情動の開示 Disclosure of Negative Emotions
 4:情動の開示 Disclosure of Emotions
 5:感情喪失の開示 Disclosure of Lack of Affect
 6:ポジティブ情動の表出 Expression of Positive Emotion
 7:秘密の保持 Secret Keeping
   ※「開示」というのはすなわち言語的に,の意。
  
高次の因子は2つ。
 [A]:情動制約 Emotional Constraint (因子4の低さ,因子2・7の高さと関連)
 [B}:情動表出 Emotional Expression (因子1・3・4・5・6の高さと関連)

で,階層的な重回帰分析によって,
General Distress:因子2・7から正の影響,
Anxious Arousal:因子2・7から正の影響,
Anhedonic Depression:因子7から正の,因子5・6から負の影響がみられた。
などなどという結果。
(canonical correlation analysesの結果は略;その分析のことよく知らないので)

総じて,
 1)情動表出の個人差は7因子ある。
 2)高次因子の「情動制約」のほうが心理的症状との関連が深い。

情動表出の個人差,の研究って
大変そうだなあということが,よくわかりました。

やっぱり「秘密の保持」は
心理的によろしくない影響を及ぼすのだということも。

|

« クロールされて44万 | Accueil | 平成21年度卒論折衝第二号案件 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43668264

Voici les sites qui parlent de 090107[mz3]情動表出の個人差:

« クロールされて44万 | Accueil | 平成21年度卒論折衝第二号案件 »