« 090107[mz3]情動表出の個人差 | Accueil | 「コメンテーター」か「ファシリテーター」かのお誘い »

08 janv. 2009

平成21年度卒論折衝第二号案件

今期おふたりめ。

ある現象C(や,それとよく絡めて議論されるD)が,ある操作Eとどのように関係するか
(因果の方向は?C/D→Eかもしれないし,D/E→Cかもしれない)。
といったことにご関心があるとのこと。

一般的に考えると,C/DやE系の研究を卒論でやろうとすると
質問紙調査に持ち込むのがセオリーでしょうけれども
(だから多分その手のたくさんの研究がある),
持参された論文はDに関する実験的研究の論文であった(←いいねぇ)。
ただしここで,E要素は欠落する。

質問紙調査をするならば,どういうところにひとひねりを加えましょうか,
実験をするならば,たぶん持参論文のようにDを中心に考えることになるでしょうけど,
そうすると,関心の源泉からは少し外れて(かつ,フォーカスが絞られすぎて)しまうので,
今考えている研究の内容からは逸れていくでしょうね。

そのようなお話をする。

|

« 090107[mz3]情動表出の個人差 | Accueil | 「コメンテーター」か「ファシリテーター」かのお誘い »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43677443

Voici les sites qui parlent de 平成21年度卒論折衝第二号案件:

« 090107[mz3]情動表出の個人差 | Accueil | 「コメンテーター」か「ファシリテーター」かのお誘い »