« 「神経心理検査」について1時間で喋る | Accueil | 「コメンテーター」も「ファシリテーター」も »

16 janv. 2009

平成21年度卒論折衝第三号案件

今期3人目。

ぜったい外せない(らしい)F感情についての研究を,とのことでご相談。
Fっぽい「特性」ではなく,状態的なF感情にフォーカスを当てたいとのこと。
それに関わるG効果に今のところ関心があるご様子。
実験的。

持参された先行研究論文はG効果に関するものであったが,
そのG効果にダイレクトに関連する,というかそのものの,
過去の(よその研究室の)卒論を思い出し,
卒論要旨集を引っ張り出し,ふたりでああそうだよなあと確認したりしてみる。

したがって。
そういう先行研究にどのような新しい点を加えうるか,について議論する。

1)F感情を喚起するために刺激の呈示が必要だが(それが条件になっている),
 そうはいってもF感情を喚起する刺激の種類にはいくつものバリエーションが考えられる。
 ...刺激種を細分化するような方向。

2)F感情を細分化するとか,もっとひねくれたものにするとか。
 ...F感情そのものをspecifyしていく方向。

3)先行研究ではどうやら,被験者にランダムに条件を割り振って,というスタイルだが,
 やっぱり少し被験者特性とか,ふだんの被験者のF感情表出頻度を考慮してみるか。
 ...状態と特性の組み合わせを考える方向。

なんだかんだいって,1時間以上喋ってしまった。

 *

「自己紹介」の書面を持ってきた人は,初めてだった。

|

« 「神経心理検査」について1時間で喋る | Accueil | 「コメンテーター」も「ファシリテーター」も »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/43759552

Voici les sites qui parlent de 平成21年度卒論折衝第三号案件:

« 「神経心理検査」について1時間で喋る | Accueil | 「コメンテーター」も「ファシリテーター」も »