« 雪、14時現在 | Accueil | WGと認定委員会(2月) »

27 févr. 2009

08神経心理学19&20

最終回。

「神経心理学の応用的側面」という,
事前の(学期前の)予定では時間調整でつぶれる計画であったおそれのあったところ。

応用的側面ということなので,
脳損傷例というところから少し離れて,
シラバス通り,精神疾患(統合失調症,気分障害,不安障害),
および発達障害(学習障害,注意欠陥多動性障害,自閉性障害)の
神経心理学的・神経科学的研究の側面について。

前半の時間は,あまりそういうことにお詳しくないであろう方々のために,
簡単な予備知識をつけてもらうためのレクチャーを
(よく考えてみますと,この授業は「臨床心理学領域」の科目のひとつであるから,
 ある意味ではふさわしいのかも)。

 *

後半の時間は,,,もう話すことがない
いや,みなさんが次年度1学期開講の
「神経心理学演習」に出てもOKなほどに,知識と英語力を有しているか,
その度合いを測定するために,
神経心理学英書講読」にしてみた。

(出典は,こちらの)pp. 419-426,およびpp.443-450。
ちょうど項目が上記の6個でしたので(だから事前に入れ知恵したわけで),
6班に分け,各班に1項目ずつ割り振り,
20分でチームで読んでもらい,各班5分ずつ発表するという,
先学期の例の「心理学英書講読」スタイルをほぼ踏襲。
時間が短いぶん,負荷は高そうだったが,各班人数は多かったからまあそんなもんか。

→結果。なんともすごいことに,全班必要十分な量を,ほぼ時間内に発表されました!★
  ※これはすごい。「遂行機能」十分ですね。見倣いたいくらい。
    パラグラフリーディングでいけてました。
  ※しかも「マイク片手に賢さも(賢そうに,かもしれない)」存分に発揮。
  ※こんなにおできになるとは...これまでの授業はなんだったのでしょうか。
    もしかすると,私が下手に授業するよりも,
    今回のように英語文献渡してグループで読んでもらった方が
    学習が進んだのではないか...
    と思ってしまいさえし,いささかへこむ。
  ※もう,どんな神経心理学研究論文が来ても,そしてそれが英文であっても,
    へっちゃらなんですね。そうですかそうですか。
  ※このあたり,ふつうに授業をするほどには,「教科書的な」定説はそれほどないし,
    局所症状のみでは捉えきれないというところも,理解していただけましたかしら。
    つまり,教育的配慮,でもありました。

ということで。
「最後の授業」っぽくなく最後の授業を終了。

本日の配付資料やパワポは,ございません。

★「褒め殺し」ではありません。本心本心。

 *

あとは来週の,試験だけですね。さて,どんな問題にしましょうか。

|

« 雪、14時現在 | Accueil | WGと認定委員会(2月) »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

毎度出席を取っていたのですが,
20コマ分の出席点をフルに得た人は31人だった。

ひとり,学籍番号氏名未記入の人がいた。

Rédigé par: m0ch1 | le 28 févr. 2009 à 07:35

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/44191138

Voici les sites qui parlent de 08神経心理学19&20:

« 雪、14時現在 | Accueil | WGと認定委員会(2月) »