« 心理学方法論08-1 | Accueil | 08神経心理学15&16 »

12 févr. 2009

「噛みしめるように」と,申し渡される

ありがとうございます。

もちろんいつも愛情をヒシヒシと感じつつ
(そして私もまた惜しみなく愛情を注ぎつつ...噛みしめていただけてますでしょうか),
日々生きております。

「私たちからの」,と渡された点は,
やっぱ省略しちゃまずいか,と思って追記してみる。

|

« 心理学方法論08-1 | Accueil | 08神経心理学15&16 »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

えー。さっき,
「私からの」というのも頂戴しました。
噛みしめます。

授業の準備で夜に大学にいると
良いことがある,と,
条件づけされそうです。

Rédigé par: mochi | le 12 févr. 2009 à 19:53

本日も授業のあとに頂戴しました。
ありがとうございます。

ヴァーチャルにあげたことにするから,
ホワイトデーにはくださいという強者もいました...

 *

ところで。

某女性院生さんに(←身近な人は想像してください誰がそういうことを私に言いそうか),
「もらったんですか」
「誰からもらったんですか」
「家に持って帰るんですか」
「それは奥様や娘さんにもあげるんですか」
「今年は持って帰らないんですか」などなどと,
矢継ぎ早に質問されました...詰問というべきか。

妻子ある男がいただいたものをどうするのか,
興味津々らしかった。
そういうことを気軽に尋ねやすい,
妻子ある男が近くにたくさんいるわけではないから,
私に尋ねるのはある意味適切なんだろう。

そういうのは,ご当人からも頂戴してからお答えしようと思い(思ってしまって)
すなおに
「ちょうだい」
と言ってみたら,
「私はあげないポリシーなんです」
と。
その辺にあった,既に開けられた箱のチョコレートをすすめられた。
...それはそれでそのポリシーは尊重しなければならない。

生まれてはじめて,
直接面と向かって「ちょうだい」と言ったのに。
それをこういうシチュエーションで初体験するのは,
なんだかくやしかった。

そしてこんなしょーもないことで長くセルフコメントを書いてしまった。

Rédigé par: m0ch1 | le 13 févr. 2009 à 21:45

遊びに来た娘のお友だちからも,頂戴しました。
(これはたしか初めての経験ではないだろうか)

「義理チョコだからっ」と,キッパリ説明的コメントを添えながらでしたが...
ええ。本命だったらたいそう困ります。

小3女子はむしろ「友チョコ」のやりとりに熱心でした。
これがいつから,好きな男の子へ(そして場合によっては友だちどうしの争い),になっていくのでしょう。

学校時代の義理チョコはでも,
「まあちょっとは気になってるんだけど」のサインなんじゃないでしょうか。
だって,「あんたになんてあげるものはなにひとつない」
という選択肢もあるのだから。
...自分,そういうのも昔あんまりもらわなかったなと,
 過去の自分を追想してしまった。

Rédigé par: m0ch1 | le 14 févr. 2009 à 20:47

ちょっとずつ「噛みしめてます」んで,
これをすべて食べてしまうと
噛みしめるべき愛そのものもまた
なくなってしまうのではないかという
魔術的不安も生じたりしてるのですが(笑)

本日また頂戴しましたので,
ちょこっと補充。

どうもありがとうございます。

Rédigé par: m0ch1 | le 20 févr. 2009 à 21:51

引き延ばしてすいません。

でも記しておくと,
「ちょうだい」と言ってもらえなかった彼女から
今日,頂戴しました。

理由はともかく。
催促したつもりもなかったのですが。

Rédigé par: m0ch1 | le 09 mars 2009 à 21:47

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/44039348

Voici les sites qui parlent de 「噛みしめるように」と,申し渡される:

« 心理学方法論08-1 | Accueil | 08神経心理学15&16 »