« 神経心理学演習09-3 | Accueil | 料理教室→歯医者 »

17 avr. 2009

神経心理学演習09-4

柳沼さん担当。

Progressive agraphia can be a harbinger of degenerative dementia
(進行性失書が変性性認知症の「前兆」のひとつかもしれない)

   #"harbinger"はあまりみかけない単語ですが,前兆とか前触れとか。

※ 追記しました(2009.4.18) ※

「文字,とくに漢字を書くことの困難」が初発症状で★
(この時点では,読みには問題がない),
それが徐々に増悪するような場合があって(だから"progressive"☆),
これが変性性認知症の前駆症状のひとつであるかもしれない,という3例を対象とした
small-Nのケーススタディと,
このうちの1例とAD群の成績を比較したスタディのふたつのパート。

3例のケースの報告の仕方は,この研究業界のケーススタディの書き方をオーソドックスに。
書字サンプルが図に。
形がゆがんだり,筆の運びがぎこちなくなったりする。
進行性の変性性疾患ですから,どう変化してきたかも記載する。

AD群との比較は,
1) 漢字vsかな(漢字は小1で学習する漢字)書き取りと写字。
2) 漢字の画数と文字の意味の抽象性,および使用頻度(小学校の学習年でみる)の影響。

1) 漢字は書き取りも写字も,かなは写字で低下している。
2) 画数が増えると正答数低下,高学年で習う漢字で低下。

 *

「頭の中の(漢字の)イメージを,右手に移すのが難しい」という内観。

とりわけCBD(症例2・3),PCA?(症例1)など,左上前頭-頭頂領域の変性と関連するかも。

 *

★初発症状はさまざまあるが,この場合は書字であるので(primary) progressive agraphia。
  他にもいろいろ報告がある。aphasia, apraxia, agnosia, alexia, acalculia...
  初診時のメインな症状が初発症状とも限らないから,お話をよく聞かないといけません。

☆増悪の意味は,その症状そのものがより進行するという意味と,
  他の症状が新たに加わってくるという意味と,両方を含んでいる。特に変性性疾患の場合は。

 *

先学期の講義には出席されてなかったというのに...よく勉強されているんですね...すごい。
発表者の,人文の柳沼さんは書字障害にご関心があるようでした。

 *

「サプライズな」研究(とりわけ,メンバーが)を今度するんだといううちあけ話をちらっとしました;
第一著者の先生のお名前が出てきたものですから。

 *

私にとっても,今日の2本の論文は「ぶっつけ本番」でしたので,
(まあそれはそれで私も「試される」ので緊張感があっていいのですが;
 それは来月再開する"NP-JC"ではそうなんだけど)
次週以降の演習では,あらかじめ何を読むかお伺いしておくことにしました。


|

« 神経心理学演習09-3 | Accueil | 料理教室→歯医者 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/44699806

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習09-4:

« 神経心理学演習09-3 | Accueil | 料理教室→歯医者 »