« 090402[bx1]behavioral variant of FTDと「皮肉」の理解 | Accueil | 8.2秒くらいは見つめてしまった,が »

02 avr. 2009

090402[bx1]情動的共感は下前頭回,認知的共感は腹内側前頭前野

090402[bx1]-2 emotional empathy; cognitive empathy
Two systems for empathy: a double dissociation between emotional and
cognitive empathy in inferior frontal gyrus versus ventromedial prefrontal lesions

共感には2種類あって,
情動的共感("情動感染")と認知的共感("視点取得")とに分かれることは
もはや心理学的にも神経科学的にも「常識」でしょうけれど,
それを脳損傷患者群,すなわち
下前頭回(IFG)損傷患者群☆と腹内側前頭前野(VM)損傷患者群での検討で確認★

→タイトルのとおり。

 下前頭回損傷群では情動的共感指標が低く,他方で
 腹内側前頭前野損傷群では認知的共感指標が低かった。
    情動的共感指標は,IRIという質問紙のその要素と"Eyes Test"で,
    認知的共感指標は,IRI質問紙のその要素と"二次誤信念課題"で算出。

 もうちょっと脳の部位をいうと,
 情動的共感はブロードマンBA44野で,
 認知的共感はBA11/10野だとのこと。


☆ 「ミラーニューロン」「ミラーシステム」系の話と絡んでいる。

★ 神経心理学で「確認」と言ったら,二重乖離がみられたと考えるのが王道。
  この研究のように。
  グラフは,かなりカッツリと,きれいなバッテン形をしている(Fig 4)。

さあ,誰か,わかりやすく教えてほしい。


その世界で玉条的お題目となっている「共感的理解」というのは,

VM使うってことか,IFG使うってことか,VM AND IFGってことか。
という領域の問題。
VM/IFGをもっとactivateせよということなのか,何か両者の黄金的な比率があるってことなのか。
という量と配分の問題。


...そういう説明のされ方でないと,
 この玉条的お題目の言わんとしていることの意味も効用も,ぜんぜん,わからない。


 「共感的理解に対する共感的理解」が,どうも不足してるようでして。私。
 向いていないんだろうなぁ。

|

« 090402[bx1]behavioral variant of FTDと「皮肉」の理解 | Accueil | 8.2秒くらいは見つめてしまった,が »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/44544021

Voici les sites qui parlent de 090402[bx1]情動的共感は下前頭回,認知的共感は腹内側前頭前野:

« 090402[bx1]behavioral variant of FTDと「皮肉」の理解 | Accueil | 8.2秒くらいは見つめてしまった,が »