« 敬愛と協働の精神 | Accueil | 研究室研究会(院生)が始まる »

16 avr. 2009

090416[mz3]自分のことを見るように,近しい人を見る

090416[mz3]-1 self-complexity; self-concept; relationships
Seeing close others as we see ourselves:
One’s own self-complexity is reflected in perceptions of meaningful others

自己概念のあり方が,他者(近しい人)を見るときの仕方に影響を及ぼしているという話。

自分と,近しい人それぞれの「自分はこうなんだ(自己概念)」のコンテンツが似ているという
先行研究はあるが,それだけではなくって,
その自己概念のあり方・構造そのものも似ているかどうか,がリサーチクエスチョンになっている。
「構造そのもの」は,自己(概念)複雑性=self-complexityを用いている。


研究1では,“自己の”自己複雑性指標と,
参加者から見た“近しい人の”自己複雑性指標に有意な相関(r=.36)がみられること,
単なる認知複雑性(セカイをタンジュンにみるかフクザツにみるかの個人差)とは無相関であること
が示された。


研究2では,他者の自己への取り込み度(定訳不明)“inclusion of other in self(IOS)”の程度が,
この自己複雑性-(知覚される)「他者の」自己複雑性をどう評価するか,にどう関わっているか
が検討され,
取り込み度が高いほど,差が小さいことを確認。


研究3では,IOSを実験的に操作し,同様の結果が得られた。
(自己概念構造が似ているように感じられる人を近しい人にする,という因果関係よりも,
 近しくなるほど自己構造概念が似ているように知覚する,という因果関係が妥当である)


だれかとても仲の良い(とか愛しているとか)近しい人がいるときに,
  「僕らって,考えることが似ているよね」もあるけれど,
  「僕らって,考え方とか,<頭のコーゾー>も似ているよね」もあって,
そんな風に感じられることを,実証的に明らかにしてみたってことでしょうか。


近づけば近づくほど,その人を自分(の自己概念)に取り込むようになり,
究極的には
自分のことを見る/考えるように,その人を見る/考えるようになるってことです。

(論文末尾に書かれてますが,共感とかつながり感とか関係の質ってことにも
 関連しますよね)


 *


いろいろとパーソナルなあれこれを思い起こさせる,
なんというか,カッコイイ社会心理系論文ですな。

誰かに影響を及ぼしているだろうか,とか。
誰から影響を及ぼされているだろうか,とか。

|

« 敬愛と協働の精神 | Accueil | 研究室研究会(院生)が始まる »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/44685579

Voici les sites qui parlent de 090416[mz3]自分のことを見るように,近しい人を見る:

« 敬愛と協働の精神 | Accueil | 研究室研究会(院生)が始まる »