« 体が軽くなったような気がする | Accueil | 神経心理学演習09-12 »

22 mai 2009

神経心理学演習09-11

伊藤くん担当。

Self-serving confabulation in prose recall
(文再生課題における作話症患者の自己奉仕的バイアス)

作話患者に対する実験的検討。
統制された文を聞いてもらい,後に再生する際に,どのように作話が生じるかについて,
群(作話症群,作話のない健忘症群,統制群)×感情価(ポジティブ,ネガティブ,ニュートラル)
×参照(自己,他者)の3要因の分析で検討。
アイデアユニット数,感情評価,作話表出数が従属変数。

  参照とは,文章が「あなたが・・・であったと想像してください」=自己参照・
  「誰それが・・・であった」=他者参照,ということ。

作話症患者×ネガティブ×自己参照文想起における感情価評定が,有意にポジティブ寄りに
なっていた,というのがメインな知見。


作話を,患者本人のエピソードに依拠せず実験的状況で検討した点,
作話の内容がどのように歪むのかを明らかにしている。

脳損傷のない人々にも見られるような自己奉仕的バイアスが,
誇張された形で生じるのだという解釈。

|

« 体が軽くなったような気がする | Accueil | 神経心理学演習09-12 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45094162

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習09-11:

« 体が軽くなったような気がする | Accueil | 神経心理学演習09-12 »