« 徳島には | Accueil | 神経心理学演習09-14 »

29 mai 2009

神経心理学演習09-13

中條さん担当。

Patients with Parkinson's disease learn to control complex systems
via procedural as well as non-procedural learning

(パーキンソン病患者は複雑なシステムを,手続き的にも非手続き的にも学習できる)

教科書的には,「パーキンソン病患者では手続き的学習の獲得障害がみられる」
ということになっているが,様々な研究の結果は全然一貫しておらず,
障害あり,とする結果もあれば,障害なし,とする結果もある。

解釈はさまざまにできるが,本研究では,複雑なシステムの学習を,
a) 手続き的学習で(自分で操作する),
b) 非手続き的学習で(操作はせず,観察する)行い,その結果を統制群と比較した。
学習の成果は,
1) 入力を実際に操作して,目標とする出力状態に近づけるテスト
2) 入力と出力の関係を,declarativeな知識として表出するテスト
で測定した。

1)のテストは,a)もb)も,PD群と対照群の間に差はない=学習できている。
2)のテストは,a)もb)も,PD群と対照群の間に差はある=「学習した成果をdeclarativeに表出できない」
また
1)のテスト成績と2)のテスト成績の間に相関はみられない。

その課題自体が
"Water Purification Tank Control"と
"Ghost Hunting Control System"というフクザツな課題でありましたし,
背景知識というか予備知識が必要な,

難しめな論文でした。

|

« 徳島には | Accueil | 神経心理学演習09-14 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45168305

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習09-13:

« 徳島には | Accueil | 神経心理学演習09-14 »