« 14本の論文を読む仕事 | Accueil | 臨床心理学実践演習09-04 »

19 juin 2009

神経心理学演習09-19

溝渕くん担当。

fMRI reveals altered auditory processing
in manifest and premanifest Huntington's disease

(ハンチントン病(manifest/premanifest)における聴覚処理の変容をfMRIで)

※追記しました(2009.6.18 20:21)※

ハンチントン病では「舞踏病」と呼ばれていたように不随意運動が多く研究されているけれど,
感覚情報処理にも障害があるかもしれない。この研究では聴覚処理に焦点を当てて,
1) 発症しているmanifest HD患者,発症前のpremanifest HD (pHD)★における脳活動を
  健常対照群と比較検討する。
  特に,pHDにおける代償的な(別の脳領域の)活動がみられるかどうか。
     ★:発症推定年齢に達するまでの短い群(cpHD)と長い群(fpHD)を設定。
2) 左右半球の非対称性(健常者では左半球優位)が変化するか。

そういうのをfMRI実験で。

→結果。
1) HD,pHDでは,健常対照群にくらべて,聴覚情報処理に関わる脳活動に違いがみられる。
  それは進行の程度によって変化してくる。
  cpHDではdown-regulated,fpHDではup-regulated。
  manifest HDではup-regulated...ややこしい。
2) cpHDではlateralizationははっきりせず,manifest HDでは右半球の活動が優位。

こまかい賦活部位の記載は省略。

 *

今学期はこれにて,神経心理学演習は終了。

他の領域の心理学論文にくらべて,
わけのわからない(特に,単語とか)論文が多かったと思いますが,
みなさんよくチャレンジしました。諸君は優秀でした。

でも,そういう「わからないこと」をわかるようにするために論文は書かれていて,
論文を読むということはその「わからないことの解明の試み」を著者らと共に辿るということですから,
こういう「よくわからない」論文を読むという試みこそが,本質的なんじゃないかと思うわけです。

演習で読んだ17本の論文のうち,私のアンテナにひっかかりそうなのは2~3本であり,
ふだんでしたら読まないような論文が多かった;皆がなぜその論文を選んだのか気になるほどに。

そういう意味では私にとってもほとんどの場合「よくわからない」ところがある,
だからこそ本当に演習的な時間でした。
おつきあいできてよかったです。

また来年度。
受講生がいればの話ですが。

 *

業務連絡。
今日欠席で,単位認定の方法を知りたい方はご連絡ください。


|

« 14本の論文を読む仕事 | Accueil | 臨床心理学実践演習09-04 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45386482

Voici les sites qui parlent de 神経心理学演習09-19:

« 14本の論文を読む仕事 | Accueil | 臨床心理学実践演習09-04 »