« "volition"とか"will"とか"intention"とか | Accueil | 魔女の5月が終わったので »

01 juin 2009

研究室研究会(卒論生)090601

教育実習は3週間あるので,今週もおふたり。

Attentional bias to angry faces using the dot-probe task?
It depends when you look for it

dot-probe課題で,表情写真で...ということでこの論文。
表情呈示100msのときと,500msのときでは,注意バイアス(選択的注意か回避か)が
かわってくるかということと,呈示される表情の視線の方向が影響を与えるか(Langtonらしい)。

・表情の視線の方向の影響はみられなかった。
・被験者の不安を測定していない!ということと,呈示時間が被験者要因と
 いうことで...当初の研究目的が違ったのか?と思わされた。
・「バイアスの解釈を明瞭にするためにneutral-neutralのベースラインをとって解釈する」
 というアイデアは重要だな。いただき,というところか。
・で,写真はどうしようか,アプリケーションはどうしようか,という実際的な意味で本質的なところに
 入りつつある。


『心的外傷はいかにして解離現象をもたらすか 神経生物学的視点も含めて』
(「こころの科学136/11-2007」)

ちょっと目先を変えて,「心理学的仮説」ではなく「神経生物学的基礎」を
(私に合わせてくれているのでしょうか)。
・隔離化detachmentと区画化compartmentalizationの話。なるほど。
 前者は,離人症,体外離脱経験や自己像幻視など。右角回の過活動とか!?
 後者は,知覚運動機能が正常なのに,解離性健忘や転換性障害,解離性同一性障害とか。
 ヒステリー性麻痺は,基底核-視床系の活性抑制とか!?
・Sierraら(1998)のモデルは,心理学的にも検討できるかも。不安,という要素を入れる。
・感覚的には,「正常な解離」と神経生物学的モデルは親和性が高く,
 「病的な解離」と(のみ),心理学的な仮説の入り込む余地があるような気がする
 →神経生物学的モデルの方が,説明できる射程範囲が広いんじゃないかと。
・あまり知らなかったので勉強になりました。
 

来週は,久しぶりに個別にお会いすることにしました。

院生の方の研究会も,今週木曜はしますけど,
来週は久しぶりに個別にしようかと思っている。

|

« "volition"とか"will"とか"intention"とか | Accueil | 魔女の5月が終わったので »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45205177

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論生)090601:

« "volition"とか"will"とか"intention"とか | Accueil | 魔女の5月が終わったので »