« 驚いたことに | Accueil | 感染発生地域になりました »

17 juin 2009

090617[bx2]ヒトにミラーニューロンが存在する証拠は見いだせない

090617[bx2]-1 mirror neurons
Asymmetric fMRI adaptation reveals no evidence for mirror neurons in humans

タイトルの付け方がうまいですね。読む気にさせる。

例の有名な「ミラーニューロン」ですが,
ミラーニューロン特性を有していることを示すためには以下のふたつの条件を満たす必要がある。
 条件1)
  特定の動作を遂行するときにも,認識する(観察する)ときにも
  活性化する(「ミラーニューロンを含む」と想定される)領域が存在する。
  特定の動作というところが重要。
 条件2)
  その活性化は,非運動性のカテゴリー化によるものではなく,
  直接観察によるものでなくてはならない。

ミラーニューロンは,視覚入力と,対応する運動プログラムの直接的なマッチングによって
行為の理解を実現させているという説(direct matching仮説)があるが,
そういったことを,fMRI adaptationという「ツール」を使って調べてみましょうという論文。


MRI装置の中で,無意味な手指動作を,1)観察,2)遂行がある。
1)観察→1)観察や,2)遂行→2)遂行,というように繰り返すと,
BOLD反応にadaptationが見られた。
さらに,
1)観察→2)遂行,の場合にも,BOLD反応にadaptationが見られた。
しかしながら,
2)遂行→1)観察,の場合には,adaptationは見られなかった。

したがって,crossmodalなadaptationは一方向的で双方向的ではないことになり,
そのような特徴は,ミラーニューロンのコアアサンプションに沿っておらず,
ゆえに,ミラーニューロンは「ない」,見いだせない,ということになる。

Caramazza Aは昔から神経心理系の論文で見かける名前で,
なんとなくご意見番みたいな印象の人です。
ガチガチと論理的なところがある。
この論文のように。

昔っていつ頃かなと思って
ウェブページを見たら,最初の論文は(セカンドオーサーとして)なんと1972年だった・・・私の生年ではありませんか。

 *

そしてこの研究は,イタリアで,ですね。

|

« 驚いたことに | Accueil | 感染発生地域になりました »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

はてブの効果ってすごいんだな。
たしか,初のホッテントリ。
朝から続々とやってくるみなさま。


もうちょっとまじで書かないとお役には立たないよな
(でもそういう人たちは元の論文に直接当たってくれるんだろうな)

Rédigé par: mochi | le 18 juin 2009 à 13:20

いつも興味深く拝見させて頂いております。神経科学を学ぶ M1 です。
当該論文については海外のブログでも多く取り上げられていました。
Mind Hacks ブログ(http://www.mindhacks.com/blog/2009/05/all_smoke_and_mirror.html#comments) では先生が最近お読みになっていた『ミラーニューロンの発見』の著者である marco iacoboni が降臨して、この論文の著者にイチャモン (?) をつけています。
ところでこの論文について 1 つ疑問があるのですが、この結果はあくまで null result (棄無仮説を棄却できない)ことが示されただけですよね? この結果からミラーニューロンがないと証明することはできないように感じるのですがいかがでしょうか? もしよろしければお教え願いましたら幸いです。

Rédigé par: INBS | le 18 juin 2009 à 20:24

INBSさん

いつもありがとうございます。
紹介していただいたブログもざっと読んでみましたが,
なかなかムキになっていて面白いですね。

さて,
> この結果はあくまで null result (棄無仮説を棄却できない)ことが示されただけですよね?
> この結果からミラーニューロンがないと証明することはできないように感じるのですが
> いかがでしょうか?

のところですが,
visuomotor ROIを定めて検討しているので,
では,他の脳領域に存在しうるかと言われると,
それはやや考えにくいということと,

特に1)観察→2)遂行でadaptationが見られた領域には,
同じように2)遂行→1)観察が見られてもいいのにそれが見られないということで,

これらをあわせると,
今回の研究の成果からは「ない」ということになるのは
妥当だと思います。

アブダクションといいますか↓
http://satoshimochizuki.air-nifty.com/mochismultitaskingblog/2006/07/post_dd8f.html

Rédigé par: m0ch1 | le 18 juin 2009 à 22:12

お忙しい中ご説明していただきありがとうございました。
「ある」派も「ない」派もなかなか決め手を欠いている現状ですし、これから「ある」派がどうでるかに期待といった所でしょうか。

Rédigé par: INBS | le 19 juin 2009 à 10:59

はてブはご存じの通り
かなり一過性のものですが,
その後
大「脳」洋航海記さんからのところ
http://www.mumumu.org/~viking/blog-wp/?p=2858)
からのアクセスが続いております。

で。
リンクはらせていただきました;左コラムのところ。
その前からRSSリーディングしておりますが。
よろしくお願いします。

Rédigé par: mochi | le 22 juin 2009 à 13:42

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45369213

Voici les sites qui parlent de 090617[bx2]ヒトにミラーニューロンが存在する証拠は見いだせない:

« 驚いたことに | Accueil | 感染発生地域になりました »