« ボーナスとネガティブさの潜在的連合が顕在的になる | Accueil | マヌエルで »

30 juin 2009

神経行動学11

「遂行機能」を質問紙で測るとどうでしょう,という続き部分と。
「感情・社会的認知」について。

私のイメージする神経心理学の研究史(流行史)では,
 1980年代→遂行機能
 1990年代→感情
 2000年代→社会性
ということになるので,近現代史を,ということになる。

そのぶん,感情や社会的認知のところはいわゆる教科書的記載が多くはない
(ので,パワポだけでなくいくつか論文をお渡しして「読んでみてね」という方式を取ることができる)。

ちょうど終了時刻に終了。遂行機能を駆使しました。

次回はシラバス予定通り「半球優位性」のところを。
これまでのところの復習的意味合いもある。

 *

曜日のならびで,6月中は5回も出勤簿に捺印してしまいました。
そろそろ店じまいモードになってきます。

|

« ボーナスとネガティブさの潜在的連合が顕在的になる | Accueil | マヌエルで »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45502924

Voici les sites qui parlent de 神経行動学11:

« ボーナスとネガティブさの潜在的連合が顕在的になる | Accueil | マヌエルで »