« 「お約束」の事態 | Accueil | 「より潜在レベルで測定できる尺度」 »

01 juil. 2009

博士論文審査会<MAC>

こちらの本審査。

MACというのは,提案された分類法の意。

“富士山二合目”というコトバを
冒頭で謎のように(「なぜあえてそれを?」)語り,
最後のオチ(?!)でお使いになるとは & ご謙遜な。

 *

他に準備されていたというネタも,
包み隠さずおうかがいしたかった。

|

« 「お約束」の事態 | Accueil | 「より潜在レベルで測定できる尺度」 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

 お忙しい中,とても長い論文を読んでいただき,誠に申し訳なく,またありがたく存じます。
 昨日は途中頭が真っ白になってしまい,自分が何を言ってるのやら怪しくなっていましたので用意していたネタ?も上手く使えませんでした。イメージトレーニングでは「2合目」も,あんな取ってつけたような感じではなく,もっと滑らかに話していたはずなのですが・・・(゚ー゚;
 分類基準の修正も含め,これからは評定者間信頼性を重視する姿勢を形にしていく所存です。またこれからもご指導よろしくお願いいたします。ご査読,本当にありがとうございました。

Rédigé par: MACer? | le 02 juil. 2009 à 16:16

おお,お疲れさまでした。

野心を失わず
(富士山じゃなくエベレストだってことですから),
しかしきっちり<セールス>できるようにと
願っております。

 &

今後ともごひいきに。

「2合目」っていうと,
お酒の話みたいでもありますな。

Rédigé par: m0ch1 | le 02 juil. 2009 à 18:33

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45506888

Voici les sites qui parlent de 博士論文審査会<MAC>:

« 「お約束」の事態 | Accueil | 「より潜在レベルで測定できる尺度」 »