« レーシックをすすめられる | Accueil | 秘すれば花 »

02 juil. 2009

NPJC090702

期せずしておふたりともイメージングスタディ。

Neural correlates of self-evaluative accuracy after traumatic brain injury
頭部外傷患者が人格特性語群を(1)自分にあてはまるか判断,(2)ポジティブかネガティブか判断
をしているときの脳活動を測定。
→内側前頭前野の賦活。TBI群では,右側頭極,前部帯状回,脳梁膨大後皮質なども。
 PCRSという尺度の自己評価と他者評価のズレの大きさと,右背側前頭前野の賦活が負の相関。
 などなど。
→→内側前頭前野と右背側前頭前野を含むネットワークが,自己参照的内省に重要。
   病態失認にも絡むかも。

・司令官=左脳,偵察兵=右脳,というアナロジー(byこの本★)をマクラに。擬人化は良い手法らしい。
 否認や抑圧や防衛機制や作話...
・メタ認知の問題があるとか,病態失認のある人々に対する認知リハってあるの?どういうの?

Neural systems mediating field and observer memories

例のこれ

自伝的記憶の想起において,first-person/field perspectiveで想起するときと,
third-person/observer perspectiveで想起するときの脳活動の違いについて。
→三人称的視点での想起では,両側島,左M1/S1などの活動が減少する。
→一人称的視点での想起では,辺縁系の活動が増加する。
→→想起時の視点の違いには,単なる情動性の強さだけじゃなく,
   (三人称的視点での想起では)physical, emobodied-selfのdisembodiedってことがあるかも。

・そういう知見は,ご自分の研究に役立てられそうでしょうか?
・社会不安の人々は,三人称的視点を取りやすいと教科書的には言われているが,
 その不安を軽減させるために,実際たたいたりさわったりするってことが
 neuroscientificに意味あるのかもしれない。

来週はなし。その翌週は開催予定。

 *

★関係ない連想で,ここにでてくる「あまのじゃく」という文字に注意が固着してしまった。
  この間,どこかで私,あまのじゃくなんだと言われたもので。
    ※その点は内側前頭前野と右背側前頭前野の名にかけて,否定はしない;
      自他評価の一致※
  この本によると,あまのじゃく=“右脳”(←好きな言い回しじゃないけど)なんだそうで,
  総合すると,私は“右脳型”人間ということになるのか(笑)
  左もつながってるはずなんだけどな...だからこの点は,認めないですよ断じて。

|

« レーシックをすすめられる | Accueil | 秘すれば花 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45518016

Voici les sites qui parlent de NPJC090702:

« レーシックをすすめられる | Accueil | 秘すれば花 »