« 今年は逢いにくいらしい | Accueil | 体重計のその数字を久しぶりに見る »

07 juil. 2009

「耐えがたきを耐え忍ぶ脳」「トリプトファン・チャージ」

帰りの電車の中で読了。
人の気持ちがわかる脳─利己性・利他性の脳科学

タイトルにあげた2ヶ所(だけ)気になった。

耐え難きを耐え忍ぶ脳=腹内側前頭前皮質,
(不公平・不公正は島皮質前部)。

トリプトファン・チャージで不公平に対する許容範囲を広げ,
トリプトファン・オフ・ダイエットで許容範囲を狭める,という(現時点では)架空の状況。


係数αと係数βという話が出てくるのだけれど(後半はその路線で)
こちらを下敷きにしているそうだが...
たぶん私は読んでいない。

 *

<機能的MRIでの「コントロール課題」>(p.41~)という記述が良心的だと思いました。
この手の本で,そういうところの説明はあまり見かけないので
(けっこう重要なところだと思うのですがね)。

|

« 今年は逢いにくいらしい | Accueil | 体重計のその数字を久しぶりに見る »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

私の言語感覚では
「耐え」難きではなく
「堪え」難きという漢字ですが。

Google検索すると,
耐え難きの方がメジャーであることを確認しました
(2009年7月7日現在;こういう検索は日付入りが基本)。

本書に倣って検索してみる。

Rédigé par: m0ch1 | le 07 juil. 2009 à 22:29

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45566739

Voici les sites qui parlent de 「耐えがたきを耐え忍ぶ脳」「トリプトファン・チャージ」:

« 今年は逢いにくいらしい | Accueil | 体重計のその数字を久しぶりに見る »