« 大学説明会2009 | Accueil | 090731[bx2]"imagined transitive movements" »

30 juil. 2009

その後のおつとめ

「大説」から戻ってきて。夕方。


1) 「先週の2時間のお役目」のレコード(サブの方)確認。
 ※これからどうすれば,という話になり,
  聴く方じゃなくて喋る方へのオリエンテーション。これこれのこと。▼


2) abstractの英語確認。今日は直接ではなく間接に。

▼前から何度か申し上げているが。
 聴くことを修練する(「傾聴」ってことですよ)なら,
 バランスとしても,喋る方をも修練すべきだ。
 そういう入力/出力のバランス感覚は,経験的にも,「ニーズ」という観点からも,
 あまりにも当然のことだと思っているけど,
 そういうことに理解を示してくれそうな人は,
 「そちらの世界」にはあまりにいないらしいことに
 いつもいつもその都度驚かされている。
 
 どうもこの点といい,共感のことといい,はっきりって,まったく肌に合わない。

|

« 大学説明会2009 | Accueil | 090731[bx2]"imagined transitive movements" »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45786152

Voici les sites qui parlent de その後のおつとめ:

« 大学説明会2009 | Accueil | 090731[bx2]"imagined transitive movements" »