« それらがあってあれがない | Accueil | 揺れましたね »

08 août 2009

090808[y][bx2]bipolar disorderとamygdalaとfacesと"connectivity"

2本とも,「アミちゃん(amygdala)」と別のどこか(=「誰か」)とのconnectivityを,
bipolar disorder患者対象で,表情画像を用いて,fMRIで検討している点では共通。


090808[y][bx2]-1 amygdala; OMPFC; bipolar disorder; major depression disorder; fMRI
Abnormal Amygdala-Prefrontal Effective Connectivity to Happy Faces
Differentiates Bipolar from Major Depression

幸福表情と悲しみ表情写真の強さ評定中の,扁桃体とorbitomedial PFCの'effective' connectivity★を,
BD患者とMDD患者,健常対照群で比較する。

→幸福表情で,MDD(vs対照群)では,左半球のOMPFC→AMY(top-down)のconnectivityが,
 BD(vs.MDD & vs. 対照群)では,右半球のAMY→OMPFC(bottom-up)のconnectivityが
 低下していた。

★ 'functional' connectivityと'effective' connectivityは意味することが違っていて,
  前者は「相関」のようなもの。後者は因果のようなもの(つまりA→BとB→Aを別扱い)。
  そうなんだ...誰も教えてくれなかったので,初めて知りました。


090808[y][bx2]-2 amygdala; anterior cingulate cortex; bipolar disorder; DTI; fMRI
Functional and Structural Connectivity
Between the Perigenual Anterior Cingulate and Amygdala in Bipolar Disorder

恐怖表情・幸福表情・中性表情写真提示(で「性別判断」中の),扁桃体とperigenual前部帯状回の
'functional' connectivityと'structural' connectivityを,BD患者と健常対象群で比較する。
構造的な方はDTI。

→恐怖表情でも幸福表情でも,BDでconnectivityが低下。
 でそのAMYとpACCをつなぐuncinate fasciculus/ventrofrontalな白質の
 fractional anisotopy(FA; DTIによる指標,らしい)☆とconnectivityは有意な正の相関が。
 つまり,これらをつなぐ白質線維の異常がBDの情動処理機能低下の一因らしい。

☆ 誰も教えてくれないので,論文読んで学習するしかないですな。
 

今日は妻も外出していて,
これからひとりさみしくご飯を食べるという趣向です。
記事には関係ないプチ情報。

|

« それらがあってあれがない | Accueil | 揺れましたね »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45870352

Voici les sites qui parlent de 090808[y][bx2]bipolar disorderとamygdalaとfacesと"connectivity":

« それらがあってあれがない | Accueil | 揺れましたね »