« 090813[bx2]ヒトにミラーニューロンが存在する証拠を見いだしました | Accueil | 090813[bx2]急性ストレス状況下での記憶増強のメカニズム »

13 août 2009

090813[bx2]IFCとpreSMAの「運動反応抑制」における役割の違い

090813[bx2]-2 motor response inhibition; IFC; preSMA
Functional Connectivity Delineates Distinct Roles of the Inferior Frontal Cortex
and Presupplementary Motor Area in Stop Signal Inhibition

運動反応抑制(No-goとか)の多くの先行研究で指摘される(右)IFCとpreSMAの
役割の違いをconnectivity analysisで明らかにしましょう。


(1) IFC → preSMA → 大脳基底核 という因果関係★になっている。
  IFCは腹側注意システム(なんですかそれ?)として,Stop signalに反応する。
  preSMAが運動反応を抑制する。一次運動野とは大脳基底核を介して連絡している。

(2) 実際Stop試行が「成功」したときは,「失敗」したときにくらべて,
  IFCとpreSMAのeffective connectivityが高かった。

★"Granger causality (G-causality) analyses"なるものを...

|

« 090813[bx2]ヒトにミラーニューロンが存在する証拠を見いだしました | Accueil | 090813[bx2]急性ストレス状況下での記憶増強のメカニズム »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/45916242

Voici les sites qui parlent de 090813[bx2]IFCとpreSMAの「運動反応抑制」における役割の違い:

« 090813[bx2]ヒトにミラーニューロンが存在する証拠を見いだしました | Accueil | 090813[bx2]急性ストレス状況下での記憶増強のメカニズム »