« 12月12日には既に予定が | Accueil | 090922[bx2]発達性計算障害と空間性ワーキングメモリ »

22 sept. 2009

090922[bx1]SARTのlesion neuroanatomy

090922[bx1]-1 SART; right inferior frontal
Lesion neuroanatomy of the Sustained Attention to Response task

Ssustained Attention to Response Task(SART)☆に関わる神経基盤を
患者群のパフォーマンスと病巣解析の結果から考察しようと。神経心理学的。

☆画面に1から9の数字が出てくるが,(たとえば)3のときだけ反応せず(No-Go),
 その他の数字のときにはボタン押しなどで反応する(Go)課題。持続性注意課題。

44例が対象。

お手つき(commission)エラー率,見逃し(omission)エラー率,反応時間変動性,
エラー後のslowing,の4指標と脳損傷部位の関連が検討された。


右下前頭回損傷…お手つきエラーの増大。
右下前頭溝の中央1/3領域の損傷…エラー後のslowingが少ない。
他の2指標には「局在的」意味づけができない。

ということで,この課題(とりわけふたつの指標)は,右前頭葉の機能状態をみていることになろう。

|

« 12月12日には既に予定が | Accueil | 090922[bx2]発達性計算障害と空間性ワーキングメモリ »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46278649

Voici les sites qui parlent de 090922[bx1]SARTのlesion neuroanatomy:

« 12月12日には既に予定が | Accueil | 090922[bx2]発達性計算障害と空間性ワーキングメモリ »