« 記憶の認知脳科学者による英単語3600 | Accueil | 一冊だけお持ち帰り/「バイブル」的? »

24 sept. 2009

第33回日本神経心理学会総会第1日

やる気を見せて朝7時台の電車に乗ったものの,プログラム・予稿集を家に置き忘れる...
到着してすぐプログラムを買う(2,000円)。


午前の一般演題セッションは,
「前頭葉症状」→「半側空間無視」(後半)→「失認」(前半)→「失行」...と,
私としてはきわめてオーソドックスな会場に。


特別講演~ランチョンセミナー~総会の間はちょっと脱出して,
「オアゾ」丸善に。
校費購入で7冊選定(うち1冊はお持ち帰りであとは配送)。


会長講演は「Luriaとロシア学派」。
会長先生のお話はやや難しかったと思うのだが,
「抑制過程重視」と「力動的★局在論」ということについて,歴史的背景から
なんだか少しわかった気がする(だってちゃんと読んだこと,やはりあまりありませんので)
継次/同時処理のこととか。「力動的」の意味とか。機能系とか。
 ★心理療法の「力動的」とはイミが全然違います。
 ☆たぶん我が国においては,会長先生の教室は相対的に「テスト」に力点が置かれていると
  思われているんじゃないかと思いますが。Luriaはきわめて「定性的」な人だった,という話。
  特に,Luria-Nebraskaというテストバッテリーがアメリカで作られたときに,
  Luria先生はだいぶネガティブ評価だったという話は印象的。
  (実際のところ,これをそのままバッテリーとして使っている人なんて見たことないんですけどね)


シンポジウム1「大脳皮質正中内側部構造(Cortical Midline Structure)の謎」
狙いはよくわかります。注目されていて,
かつこれまでシンポで扱われたことのない脳領域ですから...
なかなか面白くて勉強になることもありましたが,
シンポジスト6人中4人が終わったところまで会場におりました。
...全体討論は(時間的に)ありましたか?
 どうまとまった/まとまらなかったのでしょう?


前にも書いたかもしれませんが,私の学会デビュー(本当の第一弾)は
本学会第18回(1994)総会(川越)でありまして,
かれこれ16年目なんだな~
3回ほど出席していないだけなんだな~
と,しみじみする。

 *

明日はまた朝から出動予定です...
どこまでいましょうか。

 *

10月の札幌学会のことが現実的に気になり出した。

|

« 記憶の認知脳科学者による英単語3600 | Accueil | 一冊だけお持ち帰り/「バイブル」的? »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

本日はお疲れ様でした。シンポジウムは5/6までおりました(6番目の話を他所で既に聞いたことがあるため)。あれをまとめ上げたとしたら、司会の先生は達人だと思います(見てないので知りませんが)。

明日は特別講演が楽しみです。

Rédigé par: kob | le 24 sept. 2009 à 23:19

お。勤勉なkob先生でもそういうことがあるのですか(笑)

30分くらいは「延長戦」されていたのでしょうかね。

Rédigé par: m0ch1 | le 25 sept. 2009 à 05:53

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46301817

Voici les sites qui parlent de 第33回日本神経心理学会総会第1日:

« 記憶の認知脳科学者による英単語3600 | Accueil | 一冊だけお持ち帰り/「バイブル」的? »