« 第33回日本神経心理学会総会第1日 | Accueil | 第33回日本神経心理学会総会第2日 »

24 sept. 2009

一冊だけお持ち帰り/「バイブル」的?

丸善にて選定で一冊だけお持ち帰り指定したのは
アナログ研究の方法』(杉浦義典先生著)。


私が今でも,以前のように「臨床心理学演習I」という授業科目を担当していたら
必ずや教科書に指定するでしょう。

学部生・院生が「研究として」臨床心理学的テーマを扱おうとするなら,
こういう路線・こういう方法論がむしろ王道路線・ファーストチョイスであるべきであり,
そういう方法論をこそしっかり学習するべきであり,
むしろこの時期には「必要不可欠」なんだということが
当たり前のこととなる日がやってきてほしいと,
切に切に願っています。

目次を眺め,あと
「はじめに」と「序章」しかまだ読んでいないのだけれども。

|

« 第33回日本神経心理学会総会第1日 | Accueil | 第33回日本神経心理学会総会第2日 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

神経心理学でも「アナログ研究」はもっとあってもいいと思っています。
この本にも,第3章の一部(p.96~)に紹介されていますが...

かゆいところに手が届く感いっぱいです!

Rédigé par: m0ch1 | le 25 sept. 2009 à 05:57

読み終わりました。


むしろ基礎系心理学の研究者にも(にこそ)お薦めしたい。
どのように「人のお役に立てる研究」ができるか,を
考えるときにヒントになるんじゃないでしょうか。


たぶん
「『心理臨床』(←「臨床心理学」,じゃない)の世界にいる,と思っている方々」
には,ウケはいまいちなんでしょうなぁ...

研究法シリーズの1冊ですから。
「研究」をしたくなったときには有用だと思います。介入研究を含めて。

Rédigé par: m0ch1 | le 30 sept. 2009 à 08:30

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46302111

Voici les sites qui parlent de 一冊だけお持ち帰り/「バイブル」的?:

« 第33回日本神経心理学会総会第1日 | Accueil | 第33回日本神経心理学会総会第2日 »