« ようやく | Accueil | 心理学基礎実験2009-A »

15 oct. 2009

平成22年度卒論折衝第一号案件

午前中に。30分ほど。
ダイレクトにアポイント入れての話なので,これを一号案件にしておく。


お相手は情報通の(笑)。なんでもご存じ。話が早い。B1該当。

あっちかこっちかの悩み(そこまでわかっていれば)。力点をどうするかという話。
そこが確定されれば選択の幅はかなり狭められてくる。
先のことも見据えてな。


A障害(の傾向)を大学生で。A障害に関連するコンセプトBにもご関心が。
でもA障害傾向の研究は派手なだけにけっこうあるので,
むしろnotAな「障害」傾向に目を向けるのが得策かもしれない。

その場では言わなかったけど,A傾向の実験というのもあるよねぇ~
(ここを読んでいれば,わりと近傍に)

むしろその,あっちかこっちかの話で「あっち」のその先生と
例年カブることが多いことをお伝えする。なぜか。

「あっち」というのが"名目的に"身近な先生とではない
ということを,
私としては常々うれしく思っている。


 *


今年度も(他があれば)こんな調子でぼやかして書いていこう。

|

« ようやく | Accueil | 心理学基礎実験2009-A »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46495009

Voici les sites qui parlent de 平成22年度卒論折衝第一号案件:

« ようやく | Accueil | 心理学基礎実験2009-A »