« 例のふたり組に誘われる | Accueil | 心理学基礎実験09-0-3/一要因分散分析(被験者内) »

04 oct. 2009

307-5=302

昨日届いた,
今月末の学会(紺白ツートンカラー)のプログラム・講演抄録にある一般演題の数。
そういう数字が記載されていました。

うーん。

厚いです。

「7会場」をどう回ろうか,事前シミュレーションが必要でしょう。

昨年送られてきたときに書いた内容です
 第27回(2003) → 152ページ。 一般演題数は 132
 第28回(2004) → 137ページ。 一般演題数は 121
 第29回(2005) → 152ページ。 一般演題数は 154
 第30回(2006) → 155ページ。 一般演題数は 158
 第31回(2007) → 186ページ。 一般演題数は 171
 第32回(2008) → 220ページ。 一般演題数は 232。

ここに追加。

 第33回(2009) → 292ページ。 一般演題数は 302。


 *


そうそう,次年度2010年度の第34回の学会は(ここに書かれています)
11月18日(木)・19日(金) 大宮 だそうです。


 *


個人的には,
そろそろ (旧・失語症学会) という括弧書きを外してもいいのではないかと思うのですが。

|

« 例のふたり組に誘われる | Accueil | 心理学基礎実験09-0-3/一要因分散分析(被験者内) »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46387545

Voici les sites qui parlent de 307-5=302:

« 例のふたり組に誘われる | Accueil | 心理学基礎実験09-0-3/一要因分散分析(被験者内) »