« 第33回高次脳機能障害学会1日目 | Accueil | 札幌から戻ってくる »

30 oct. 2009

第33回高次脳機能障害学会2日目

2B2-1から2B2-4「失行」セッションに出る。
いつもより「へー」とか「うー」とかうなっていた気がする。興味深く拝聴。
質疑で質問しようとしたが当てられなかった;残念。


午後は,シンポジウム「古典症候の解体から新たな介入に向けて」に参加しまして,
二番目の演者として25分(+αオーバーしてしまった),お話いたしました。

シンポジウムのタイトルを真に受けてかなり「解体ショー」してみましたが,
ではその後どうするのか,という点については明言を避けたりする。


※2009.11.1追記しました;特に飲み会部分※

失行にお詳しい先生方には「頬杖ついて眠ってもらうように」「口頭命令」したのですが,
あまり眠ってもらえなかったようでした...

明言を避けたのは,症例の蓄積→(たとえば)クラスター分析してグループ化すべき,
という方法論上の思惑があるからです。
誰々のいうなんとか失行,
という失行分類が錯綜しているのが,「解体すべき」理由のひとつですから,
私がデータに基づかず主観的に分類してしまったら,それは本末転倒なのです。


 *


学会終了後,
サッポロファクトリー内レンガ館の,トンネルの中

面白いメンツ([失行]タグのついた人々とその関連の先生方,というなんともディープな)での
飲み会に参加して,
たらふくビールを飲む。

昔からの知り合いや(先生方や),新たにお会いしたお若い先生方と。
楽しい時間を過ごしました。


以下ポイントを。


 ・ サプライズゲスト!! 飛び入り参加の先生に。
   緊張感漂う...直立不動。私だけじゃなかったみたいだが。
   先生にあの論文を紹介されなかったら,私ここにいなかったかもしれません。

 ・ 偉い先生方からは離れた席に...だってあの話のあとじゃ,お叱りを受けそうなんですもん。

 ・ 最初右隣におられた大御所先生に。
   1) 「使用失行」はダメですかって,「使用失行」を流行させている当の先生に尋ねられる。
     ...ダメじゃありません。でも私,今回は使用「障害」としました。話の都合上。
   2) カメラのシャッターが押せないのは,二項関係ではなく,
     被写体を含めた三項関係に問題があるからだと。真剣に思いました。
   3) 奥様先生と仲良しなんですねぇ~

 ・ 左隣におられたkob先生に。
   1) タクシーの中で「何から何まで考えが一緒で質問もありませんでした」と言われる。
     ま,そうかもね。
   2) むしろタグに関係なく,生理指標のお話とかを。
   3) もう少し手と物品のインタラクションの話を入れろとか,ダメ出しされると思っていた。

 ・ 右斜め前におられた先生には,会場で直後に褒められた(ちょっとうれしい)。
   今度D論を出されるとのことで,ばしばしと「おしえてさしあげる」ようにしてください。
   京都のお師匠は,今回お見かけしませんでしたね...

 ・ 東北関係のおふたりの「おねえさま」にいじられる☆。
   1) 「一升枡には一升しか入りません」←私の本日のしゃべりの内容をかように評される。
     ※今回の銘記すべきセリフはこれだった;すぐにiPhoneにメモしてしまった※
   2) 「もっと堅い人かと思った」と。それは...堅くなさすぎという意味と思われましたが。
   3) 「テレビに出なさい。」と;プロフェッショナルとか。なんでやねん。
      以上,「かわいいほうのチューリップの名刺」をくださった先生。
   4) 10月の私の様子を「いたわられる」。よくアクセスされてましたもんね。
     むしろちゃんとやっとるのか心配されていたのではないかと。
   5) ドリンクのチョイスがかわいらしく(笑)振る舞いもそうされておられたのですが,
     結果的にどんなに飲んでもなんも変わらないですな。酒豪,ですか。
      以上,このイベントの立役者の先生。マニアックな質問あれこれをありがとうございます。
   6) 実際のところ,先生たちのいらしたところファーストチョイスでしょどうみても,
     という話をしたら,喜ばれた。そして新たに,セカンドチョイスの紹介をされる。
     たしかに。今後機会が生じたらそうします。
   7) ま,なんといっても“女系”らしい。はいそれは,学会会場での皆様の様子だけでわかります。
   8) (この期に及んで)年を聞かれる。素直にお答えしましたところ,
     そのリアクションによって(←そんな露骨に驚いちゃいけません),
     おねえさまたちが「おねえさまたちである」ことを,本日知る。
     おねえさまがた,お若いですよ。
     でももう15年近く前(?!)から顔見知りですね私たち。
   ☆そういうことってあまりないので,とっても新鮮でした☆

 ・ そうですかあなたでしたか。高知からアクセスしてくださるのは。
   という「ネット世界→現実世界」での出会い。
   今回のご演題のことで,むしろ私があれこれお伺いする。
   
 ・ え,CPさんで高次脳機能障害学会におられるのですか?すばらしい。
   ご出身の大学院の有名なあの先生はとてもいい人なのですが,
   風貌がまた言及せざるを得ないほどすばらしいですよね。

 ・ なぜか筑波大学のお話を。
   そして介入における「解決指向型」アプローチの可能性について。
   わからないけどでもこうしたらうまくいった,を拡げていくことについて。
   (冴えたタイトルのご演題があったそうなのですが,見ておらずすいません)

 ・ その他に,OTの先生方やSTの先生方ともお話を(奥様先生のお弟子さんたちらしい)。
   でもそうそう,偉い先生方ともっとお話をした方がよろしいですよ。
   こういう場での人脈の拡げ方としては。


 *


今回の学会,最初から最後まで私,[失行]タグのついた学会でありました。

難しいと言われようとも,マニアックと言われようとも,
ここが一番この研究領域で「面白い」ところであるという気持ちは,ずっと変わりません。


 *


来年の第34回総会は 大宮ソニックホールで11月18日(木)・19日(金)に。
そして再来年度第35回は鹿児島での開催だそうです。

|

« 第33回高次脳機能障害学会1日目 | Accueil | 札幌から戻ってくる »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

先日はどうもありがとうございました。ご専門の先生方との出会いも非常に貴重だったのですが、久しぶりにmochi先生とゆっくりお話できたのが良かったです。
また是非ご一緒したく思います。

Rédigé par: kob@tokyo | le 31 oct. 2009 à 22:16

いえいえ,こちらこそお越しいただけてよかったです。

またの機会に期待しましょう。

(と,振っておきましょう)

Rédigé par: m0ch1 | le 01 nov. 2009 à 10:14

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46628508

Voici les sites qui parlent de 第33回高次脳機能障害学会2日目:

« 第33回高次脳機能障害学会1日目 | Accueil | 札幌から戻ってくる »