« 第一弾(の修正)と第二弾を | Accueil | 研究室研究会(院生)091001 »

01 oct. 2009

NPJC091001

How do cognition, emotion, and epileptogenesis meet?
A study of emotional cognitive bias in temporal lobe epilepsy

いつもと違って Neuropsychologia でも Cortex でもなく,
Epilepsy and Behavior
必要があってというか。

側頭葉てんかん患者31例を対象に,
情動的負荷が側頭葉てんかんの発作の誘因になるかどうかと,
注意バイアスの検討(脅威語を含むemotional Stroop課題とDot-probe課題)。

31例中17例は,情動的負荷が誘因によって発作が生じると考えていた。

その17例の男女比は4:13で,非情動誘因型14例(8:6)に比べて女性が多い傾向。

emotional Stroopでもdot-probeでも,情動誘因型では注意バイアスがみられた。

発作が情動によって誘引される度合い(の自己報告)と,
Stroop干渉の間には強い正の相関(r = .71),
Dot-probeのcongruency-effectには中程度の相関(r = .50)。

 *

あれこれディスカッションする。

特にその相関値の大きさは,なんでしょう。

「情動への気づき・注意の強さ」みたいなものがあって,
発作が情動によって誘引される度合い(の自己報告)にも,
Stroop課題における脅威語への注意バイアスにも影響を及ぼすとかいう「解釈」もありかな。

 *

側頭葉てんかんにもいくつかのタイプがあるとすると,
これらの課題の成績によって「気をつけること」を心理教育できるかもしれない。
発作焦点による違い,かもしれない。

よく知らないところなんで学習しました。

|

« 第一弾(の修正)と第二弾を | Accueil | 研究室研究会(院生)091001 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46364079

Voici les sites qui parlent de NPJC091001:

« 第一弾(の修正)と第二弾を | Accueil | 研究室研究会(院生)091001 »