« 午後になって珍しく自室に実在して「事務仕事」 | Accueil | 平成21年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究中間発表・指導会 »

21 oct. 2009

「境界線の修復と再構築こそ、私たちが究極的に必要としているソリューションである」

って訳者あとがきに書かれている(p.354),

この本

が気になって買ってみた。

境界線=バウンダリー。


どうもこういう書名とか一文に惹かれるようなシチュエーションなんだってことなのでしょうね。
少なくとも手にとってみたわけですから。

いや,別に
厄介な上司や同僚がいると思っているわけでもなければ,
「振り回され」てる感いっぱいというわけでもないんですけどね。


たぶんね。


 *


原書のタイトルは THE ONE-LIFE SOLUTION だそうでして。
商売上手なんだかどうなんだか。

|

« 午後になって珍しく自室に実在して「事務仕事」 | Accueil | 平成21年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究中間発表・指導会 »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46545666

Voici les sites qui parlent de 「境界線の修復と再構築こそ、私たちが究極的に必要としているソリューションである」:

« 午後になって珍しく自室に実在して「事務仕事」 | Accueil | 平成21年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究中間発表・指導会 »