« [神経心理 公募]検索者へ | Accueil | 新型インフルエンザ »

12 oct. 2009

「お茶の間の脳科学」と「現場の脳研究」の違い

脳科学の真実』(坂井克之)という本を買う。

じっくり読みましょう。

書名の「脳科学」は,たぶんお茶の間側を指すコトバです。


 *


お茶の間脳科学本にはさっぱり関心がなく(本屋でパラパラしたらわかるっしょ),
学生さんにどこそこに書かれていたと聞かされても???なことが多いのですが,
実はこれだけはちょっと気になっている。どうしたら「脳的」な話ができるのかと。
しかし恥ずかしくてとてもじゃないけど買えない。
誰か買ってしまった人がいらっしゃいましたら,読み終わったら貸してください。

|

« [神経心理 公募]検索者へ | Accueil | 新型インフルエンザ »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

読み終わりました。
オススメです。
第三章や第四章なんかは特に。

『前頭葉は脳の社長さん?』
『心の脳科学』
といったすばらしい著書をお持ちの先生ですけど,
それはタイトルとして
 ◎「脳の擬人化」的 だったり,
 ◎書名に(「脳研究」ではなく)「脳科学」と入れることで,
  「脳科学」ブームにいささかはのることになり
結果として,売り上げに貢献し社会に影響を与えているているところも
あるのではないかと思います。
(先生の意思・意図がこれらのタイトルにどのように反映されているのか,
 その経緯は存じ上げませんが)

この本で批判的に検討を加えられている事項に当てはまる部分も,
ないわけではないのかなと。

脳研究に限らず,科学と社会の関係について
あれこれ考えさせられました。

Rédigé par: m0ch1 | le 17 oct. 2009 à 14:59

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46467112

Voici les sites qui parlent de 「お茶の間の脳科学」と「現場の脳研究」の違い:

« [神経心理 公募]検索者へ | Accueil | 新型インフルエンザ »