« 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション | Accueil | 学外実験日091113 »

12 nov. 2009

研究室研究会(院生)091112

前半は近況報告会(?)つーかこの1週間のことをちょっとずつ。


後半は論文紹介で

秋山学・竹村和久 1994 不快感情と関与が意思決定過程に及ぼす影響 
 実験社会心理学研究 34(1) 58-68.

実験による研究で,
10種の選択肢から1つを選び出すプロセスについてあれこれの測度をとり,
不快/中性(by 臭いの有無) × 関与度(高低) によって影響を受けるかどうかを検討。

自分が思ったところ。
・中性感情×低関与における再検討回数のデータ部分を説明できていない?
・反応時間が長くなることにはふたとおりの意味があるような。
 じっくり選択する or 不快感情による情報処理の妨害?
・不快情動は嗅覚的に与えているが妥当か?他の感覚刺激でもいいだろうし,むしろ適切か。

あとディスカッションで覚えているところ。
・ふたつの選択肢じゃない場合のこと。A or B だけじゃなく,「どちらでもない」「選択しない」とか。
・「なすべきC」と「なすべきD」の優先順位づけのような。
・あるタイムスパンにおける,より重要なEと,それより低いFに「どのように手をつけるか」;
 Eが先かFが先か。 つまり,好物を先に食べるか後にとっておくか,のようなニュアンス。


|

« 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション | Accueil | 学外実験日091113 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46746429

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院生)091112:

« 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション | Accueil | 学外実験日091113 »