« 09心理学II-2(ストレスと健康) | Accueil | 平成22年度卒論折衝第十号案件 »

19 nov. 2009

研究室研究会(院生)091119

夕刻定例の研究室研究会(院生)。


● 「実験2のおおまかな結果」発表。

  ・3要因ANOVAにおける二次の交互作用の件2件。どう解釈するかの解釈論争。
  ・被験者間要因がひとつ,被験者内要因がふたつ。
   →一方は,「常にマックスパフォーマンス仮説」=要因の操作に左右されない
    で議論が収束に向かう。仮説の根拠は...ない。アドホック仮説。
   →もう一方は,球面性の仮定にまつわる質問...
    そんなマニアックな話を諳んじて答えられる強者は,おりません。
   →こういう結果に「参考になりそうな文献」をちょろっと紹介される。
    Posnerのvalid/invalidな注意課題の実験のやつ。
    ...とはいえ,異なるところはあれこれ存在。

   ここでいかに説得的にできるかが,勝負なのかもしれない。
   あるいは,実験3・実験4しましょうか?と少々脅しをかける。  


● 月末学会発表のポスター

   ・「新たな試み」→A0で作成してみました☆
    みなであれこれ見てああしたほうがいいこうしたほうがいい...ガヤガヤと。
   ・重回帰の図がひとつ,ANOVAの図がふたつだったところを,
    重回帰の図みっつ,ANOVAのはフォーマット変えましょうか。
   ・「他者意識」のあれこれ。空想的他者意識のところで妄想的にイメージふくらむ(←個人的に)。
    内的他者意識と外的他者意識と公的自意識と私的自意識の関係は,とか。

   次週もういちどチャンスがありますね。
   私はその学会,推薦入試とバッティングで出席できませんけどね。   
    ☆せっかくなんで,左ペイン右ペインの作りではなく,中央使ったり,
     配置は自由度が高まりますよ。もっと遊びましょう!
   
   

○ お買い物,納品された物を発注者にお渡しする。


○ 研究室忘年会話。12月の第一週か第二週の「サンデー忘年会」計画。
   どちらの日程も可です(→ということを帰宅して確認取れました)。

|

« 09心理学II-2(ストレスと健康) | Accueil | 平成22年度卒論折衝第十号案件 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46805885

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院生)091119:

« 09心理学II-2(ストレスと健康) | Accueil | 平成22年度卒論折衝第十号案件 »