« 091128[y][bx2]BPD-IEDの攻撃性をPETスタディ | Accueil | 平成22年度推薦入試2日目 »

29 nov. 2009

091129[bx2]「形態水準」と扁桃体/帯状回

まさかね,MRIスキャナの中でRorschachとは!

091129[bx2]-1 amygdala; cingulate cortex; creativity; Rorschach; VBM
Amygdalar enlargement associated with unique perception

(ふるてくすとあう゛ぇいらぶる です)


健常成人68名(うち62名は大学生・大学院生)を対象とした,VBMスタディ。


"unique responses"(「特殊反応」でよろしいでしょうか?)の出現率(URR)と,
左右の扁桃体,帯状回のvolume concentrationの程度に,有意な正の相関。
Fig.2

 *

セッティングとしてはfMRIスタディ的なようですが...activationはどうなんでしょう?
と思っていたら先行研究があるようで,右側頭極。

 *

例として示されているのは,III図版です。

|

« 091128[y][bx2]BPD-IEDの攻撃性をPETスタディ | Accueil | 平成22年度推薦入試2日目 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46886068

Voici les sites qui parlent de 091129[bx2]「形態水準」と扁桃体/帯状回:

« 091128[y][bx2]BPD-IEDの攻撃性をPETスタディ | Accueil | 平成22年度推薦入試2日目 »