« 基礎実験レポートの添削完了 | Accueil | 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション »

12 nov. 2009

平成22年度卒論折衝第五号案件

ちょっとニューロな雰囲気の伴うご相談。冒頭では。
高次脳機能障害の方とか,高齢者の方とかの支援に関わりそうな内容でしたが,


むしろ「大学生のきみたちはどうなんだろう」の方向に話し拡げる。
・それを使うか使わないか,
・それだけ使うか他のも使うか,
・どんな使い方をするか,
・どういう(神経心理学的)能力を用いているか。
・そういうのの個人差はどういうところから生じるのだろうか。パーソナリティ?能力?


純粋に関心があります。

実態調査的にするなら質問紙で。
でも実験でもできそうだし,むしろ最初の発想には沿っているのかも。
テーマ的にオリジナリティが高いですな。
(ついでに言うと,「将来像」も少々異なる感じ)。


ま,この領域に限らず考えてみるとよろしいですね。

40分ほどお話ししました。

|

« 基礎実験レポートの添削完了 | Accueil | 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46746012

Voici les sites qui parlent de 平成22年度卒論折衝第五号案件:

« 基礎実験レポートの添削完了 | Accueil | 「お隣の院生」さんと専門的ディスカッション »