« 平成22年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | 154+154+3+10=321 »

17 nov. 2009

平成22年度卒論折衝第七号案件

続けてもうおひとり。

私も最近ちょっとそれらしい行動をしたのですが,
状況やら状態によってはしがちな,「とある行動」☆を,どうかという。

「とある行動」についている名称から,十分にパーソナリティの「あの特性」との関連を
推測できるわけだけど,ホントにそうなんでしょうか/それだけなんでしょうか。
ご関心のその1は,「とある行動」を導くメカニズムの解明(特性要因とか状況要因とかコミで)。

ふつう人はその「とある行動」を,ある状況のときにしがちだと思われていて,
それはその行動を行うことが,ある状況に対して何か良い点があるからだと思われる。
しかし,どういう点に良いところがあるのか,いまいちはっきりしていない。
「とある行動」をとった後の状態について,まだわからないところがある
(簡単に考えればふたとおりあって,それらの効果は相反する)。
ご関心のその2は,「とある行動」をとった後の状態像に関して。

先行研究も調べたみたいだけど,心理学領域ではそんなに多くないらしく,
むしろ別の領域で。かつ,その「とある行動」を誘引する仕組みをあれこれ考えているらしい。
心理学領域で考えると,あまりポジティブな風ではなんだけど。


私の方からは,
関連するけど全然別な,ある心理病理的状態をご紹介したり,
臨床心理学領域では,「あの特性」→別の種々の行動,という研究ならいっぱいあるなあ
というようなことをお話しする。
また,話しあっているうちに,「とある行動」自体も複合概念なんじゃないかという気がしてきた。
具体的に例を挙げて考えてみたら,案の定,
私にとっては「とある行動」に含まれるけど,その折衝人にとっては含まれない,というのが
浮かび上がってきた→とすると,その辺の予備調査みたいなものも必要だろうか。


存在することは明らかだけど,実態としてどの程度のものなのかわからないので,
調査してもよし,
工夫すれば実験的にもいけそうだし。

☆:この相談のあと,TwitterのTL流し見てたら
  まさにそれのことが書かれたつぶやき(というかリンク)が出現してびっくり。

|

« 平成22年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | 154+154+3+10=321 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46788772

Voici les sites qui parlent de 平成22年度卒論折衝第七号案件:

« 平成22年度卒論折衝第六号案件 | Accueil | 154+154+3+10=321 »