« 平成22年度卒論折衝第三号案件 | Accueil | [公募 認知心理 臨床心理士]検索者へ »

10 nov. 2009

平成22年度卒論折衝第四号案件

第三号案件に引き続き,入れ替わり立ち替わりで第四号案件も。
実は以前に別件でお会いしたときに,既に少しお話ししている。


方法ありき!

多くの場合に,まずはコンテンツに意識が向かい,続いてそれをどうやって研究しましょうか,
という流れで話が進むわけだが,
本案件の提案者は,まず「実験がしたい。生理指標を使いたい。」が先で,
で中身どうしましょう,というご相談。

やったらよろしかろう。
(どの研究室に行かれようとも,装置を使う権利はある)


中身の方は,とりあえず
   「○○しながら■■する」というのが自分はできないし,
   ■■の効率が下がるんじゃないのか,
   主観はともかく。
ということに興味があるようで,
実験デザイン的にはdual task(とかmultitask)状況を作ればいいみたい。
こなすべきタスクの難易度を変えてみて。
attention/executive function系ってことですかね,
授業でセンセが教えた(はずの)知識でいえば。

タスクの出来具合が従属変数で,どのファクターが影響力が大きいかを示したいようで
(もう研究の道筋もそれでよいような気がする)

 &

あの障害も傾向として捉えれば,
個人差要因も考慮できるかもしれません。

そういう折衝をしている間に,
メールで「第五号案件に関する折衝に関するお伺い」メールがやってきた。

お会いして,お話うかがいましょうか。

|

« 平成22年度卒論折衝第三号案件 | Accueil | [公募 認知心理 臨床心理士]検索者へ »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

その後,別のおふたりからお伺いメールがやってきた。
うちおひとりは明日,
もうおひとりは来週かな。

Rédigé par: m0ch1 | le 11 nov. 2009 à 20:57

本日も新たにおふたりからお伺いメールがやってきた。

ある意味この折衝での私(私たち)の立場は
昨今流行の「仕分け人」的なんだけど,
その実態は「仕分けられ人」でもある。

そして,
「仕向けられたり」「仕向けたり」という流れもある,
お伺いを立てられる側どうしでの。

Rédigé par: m0ch1 | le 13 nov. 2009 à 22:50

今日,もう一度お会いした。
   「さしがね?」
   「否めない(笑)」
というメールのやりとりの結果。

(1回目断ったわけではないので違うけど)
復活折衝的に。
で,あれこれ情報交換もする。
私たちお互い,けっこうブラックですね。

Rédigé par: m0ch1 | le 25 nov. 2009 à 21:25

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46728836

Voici les sites qui parlent de 平成22年度卒論折衝第四号案件:

« 平成22年度卒論折衝第三号案件 | Accueil | [公募 認知心理 臨床心理士]検索者へ »