« 091110[bx1]意味システムはどこにどのように? | Accueil | 平成22年度卒論折衝第四号案件 »

10 nov. 2009

平成22年度卒論折衝第三号案件

昨日に引き続き。夕方。

1) 「あることをすることが,その状態を改善する」
という巷にあふれる言説か,もしくは
2) 「その状態は,身体状態に影響を及ぼす」
というこれまた巷にあふれる研究をやってみようと。

前者に関しても後者に関しても,いくつか文献にあたってから来た様子。けっこう!

しかし,特に後者に関してはいっぱい研究があって,
「では自分が何をしようかというところで立ち止まり」←大変健全
基本的に前者について話し合ってみる。

「あることをすること」は実験的にやらざるを得ないけれど,その考慮すべきポイントが山のように
あって,いくらでもできるし,領域も複数考えられる。
「その状態」も,もう少し手垢にまみれたそのワードではなく,少しひねり必要。

最後の方で,他にはないのと尋ねてみたら,
3) 「ある精神疾患」に関心があるとのこと。ご本人的には介入に関心があるようだが,
ダイレクトには難しい。卒論ですし。
この路線で行くとすると,そのままの「ある精神疾患」では扱いづらいので,
まずは「症状中心アプローチ」に頭を切り換えていただき,
アナログスタディもあるんだわという情報をさし上げ,
さらに1) と組み合わせることも可能かも,と話は流れ,
仮説らしきもの,を書き出してみるところまで。

雑談的に,
「ある歌なり曲なりを聞いてそれを口ずさんだりしてしまうと,
しばらくエンドレスに/間歇的に繰り返されるのは」どうしてなんでしょうね,ということも。

パーソナリティみたいなのも関係するんだろうか。個人差ありそう。

|

« 091110[bx1]意味システムはどこにどのように? | Accueil | 平成22年度卒論折衝第四号案件 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

お気遣いいただいて,対面ではなくメールで続きの報告を受け,
それにお返事したところ。

今回新たにご提案のアイデアは,
「自己経歴に由来する必然性」,
つまりあなただからこそその研究をすることの必然性は高い。
そして,研究の意義や「貢献」もあると思う。

しかし,1年間の卒業研究として,また心理学の卒業研究としては
ちょっと困難が大きいかもしれない。
実現可能性の見積もり,という話。
(あと,私が,という点においても)

もうちょっと戻って,
少しばかりヒントになるかもしれないことをお伝えする。

Rédigé par: m0ch1 | le 27 nov. 2009 à 15:33

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46728721

Voici les sites qui parlent de 平成22年度卒論折衝第三号案件:

« 091110[bx1]意味システムはどこにどのように? | Accueil | 平成22年度卒論折衝第四号案件 »