« 研究室研究会(院生)091203 | Accueil | 091206[bx1]表情認知と白質損傷 »

04 déc. 2009

09神経心理学-1&2

今年度も始まりました。学類(=学部)学生さんに1学期間,神経心理学レクチャー。

教室は,昨年度の驚異的な「階段教室」から,
もう少しフラットで手頃な広さの部屋になりました。黒板も使いやすい。
50人は超えていたと思いますが...。たしか登録者は70人を超えていたような?

内容は 昨年度 とほぼ同一で,
2限(1コマめ)は授業のすすめかたと,神経心理学の目的と方法と立ち位置の図解。
3限(2コマめ)は,解剖の基礎。『脳単』先生+『MRI脳部位診断』先生+NeuroImageの手もとの論文。
 脳単先生には,概要と地形(葉と回と溝)。
 MRI脳部位診断先生には,Brodmann(番地)。
 そして適宜使った論文先生には,TalairachというかMNIというか(座標)のことでお世話になる。


アップデートされた点は...

1)(この回はすべてプリントと板書で行うのですけど)外側面だけじゃなく内側面も手描きした。
  - 「つ」をお習字みたいにかっこよく描いてから付け足す。
2)例の解剖プリントの説明が,自分としてはうまくなった;プリントの並び通りに進行。
3)iPhoneユーザになったので,その場で緯度/経度(「座標」という意味をわかってもらうために)を
  述べた。

アップデートされなかった点は...

やはりなぜか,lateral/medialの説明忘れた。去年とまったく一緒。
適当にでも,左半球/右半球を板書しないと忘れるんだなきっと。

こうやって,少しずつでも経験値を上げていくしかないです。 

 *

次回解剖&英語の小テストでもしましょうかとふってみたら,
「やだー!!」という威勢のよい声が飛んできた。
では,しないことにしよう。
残念だな。

 *

昨日自宅で依頼されて持参した「質問紙」にご協力いただいた。
ありがとうございます。

|

« 研究室研究会(院生)091203 | Accueil | 091206[bx1]表情認知と白質損傷 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/46934316

Voici les sites qui parlent de 09神経心理学-1&2:

« 研究室研究会(院生)091203 | Accueil | 091206[bx1]表情認知と白質損傷 »