« 唯一絶対の正解はない | Accueil | 09神経心理学-5&6 »

17 déc. 2009

研究室研究会(院生)091217

恒例の先延ばし,しておきましょう。
→少し追記しました(2009.12.20夜

ごっふまん社会学→心理学の図解つきレクチャーと,
潜在的自尊心とはなんぞや?義務自己どうしましょう?という話。


(以下追記)

■ ゴッフマンを読んで何が書かれているかを図解。
   そしてその後の「心理学」における発展。
   ...はあまりないみたい(社会学でも?)
    しかし,「自己呈示」ということとの関連や相違を考えると,
    多少なりとも有益なところが。


■ IATに関してあれこれ

 ① IATで測定している潜在的自尊心って何?メカニズム?
    自己呈示モデルとか,二重態度モデルとか,
    認知容量が制限されているときには(顕在的・潜在的)一致する?とか。
 ② 「暗黙のステレオタイプ」ってことと潜在的自尊心?
    攻撃性,ナルシシズム傾向など防衛的特性・防衛的反応とか。
 ③ 自己愛と「有能感」と理想自己と潜在的自尊心。
 ④ 顕在的自尊心/潜在的自尊心の不一致の安定性とか変動とか。

■ 義務自己をどうやって?

 ① 「超自我」的な自己像
 ② "self-criticism"以下の論文(※おっと,この間授業でちょっと紹介したのだが)
   Criticizing and reassuring oneself:
 An exploration of forms, styles and reasons in female students.

   →self-criticizing:2因子"inadequance self"と"Hated self"。
     self-reassuringは1因子。
   →機能面のスケールもある。"self-correction"と"Self-persecution"。
   ※これが使えるかどうか。


 *


忘れないうちに書いておくと,年内研究室研究会(院生)は今日で終了。
さすがに来週24日にやるほど,
デリカシーがないわけではない。

次回は1月14日→修論発表会の予演。
1月21日は卒論生・院生合同で,卒論発表会予演。

よいお年をお迎えください(→もうそれかい)。


 *


間髪を入れず「修論の研究1」原稿も頂戴する。
忘れたい....
けど忘れられるわけがない。

|

« 唯一絶対の正解はない | Accueil | 09神経心理学-5&6 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47046987

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院生)091217:

« 唯一絶対の正解はない | Accueil | 09神経心理学-5&6 »