« 研究室研究会(院生)100128 | Accueil | "The Sense of Body" »

29 janv. 2010

09 神経心理学-13&14

「読み書き」と「遂行機能」。

私の理解では,80年代~90年代前半の「トレンド」。

前回の続きで言語ですが,「読み書き」のところから。

簡便な分類である,純粋失読・失読失書・純粋失書から,
いかに認知神経心理学的な分類が異なるのかを中心に。

表層性とか音韻性とか深層性とか...
当然,単語属性(頻度とか,心像性とか)も絡んでくる。

そこへ,漢字/かなという要因も。

 ☆ 心理学的な意味での「刺激の統制」「条件の統制」が効いてくるところですね。
    めくるめく認知神経心理学ワールド,な気がする。
 
 ☆ 「熟字訓」,ひとつずつ読んでもらったらみんな読めた。賢い!
    →whole-word readingの例として使ってみたのだが,これはありだ。
     (もっと難しいのも混ぜておこうか)


ここまでで前半の時間終了。あらよっと,といった調子で終えてしまった。

直後に,「所見を書き」,署名捺印するお仕事をその場で(←クラス担任仕事)。


 *


昼休みに,次の時間の配布資料を印刷!


 *


ここから後半。

最初に,別の人の書類に署名捺印するお仕事をその場で(←クラス担任仕事)。

続きのオマケ的に,
計算障害(失計算)の話をほんの少し。
McClosky モデルと Dehaene モデルをちょろっと解説。


遂行機能に移る。

「20100129.pdf」をダウンロード
↑従来とほとんど変更なし;
 あの「辞典」からは2語しかピックアップできない。「遂行機能障害」と「保続」。

今回は流れの都合上,「知的な」ところだけ。
十八番◎のようになっておりますが,
要するに日々使っている機能であることをまずは述べ。

検査課題の説明(WCSTとかStroopとか流暢性とかTMTとかBADSとか)をしながら★▼。
何をはかっているのか考える。

「交差点」とか「社長」とか「支配する」とか,
そういったイメージをしてもらえばよろしいかと。

 ◎ 私はこれを熟字訓として「おはこ」と読むのだが...
    近ごろはテレビでも「じゅうはちばん」とか言っているのを聞く。全語読みしてほしい。

 ★ BADS以外はすべて,代表の方に実演していただき,
    やはり後出し負けジャンケンもしてもらった;15回連続で負け続けたら交代。

 ▼ ハノイの塔,今日は持参したのに誰かにやってもらうのを忘れたよ...


 *


遂行機能を駆使したようでして,終了時刻の3分前に終了。珍しく。


 *


次回は,その流れで行くので,

90年代後半以降のトレンドであるところの「感情」やら,
それ以降のトレンドであるところの「社会的認知」みたいな話に進みます。
...あまり教科書的なものに教科書的に書かれていないところ。

 ※ 「個人差」をどこに組み込もうか悩み中

|

« 研究室研究会(院生)100128 | Accueil | "The Sense of Body" »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47420664

Voici les sites qui parlent de 09 神経心理学-13&14:

« 研究室研究会(院生)100128 | Accueil | "The Sense of Body" »