« 100124[bx1]左紡錘状回のモダリティ特異性とカテゴリー特異性 | Accueil | 学校神経心理09-06 »

25 janv. 2010

研究室研究会(卒論10-2)100125

しました。
書きました(2010.1.26)

今回からレジュメを作ってもらった。
コピーカードが見あたらないのでScanSnapに通してプリンタで印刷したので,
pdf公開してもいいくらいなんだが...やりすぎか。

■ 音楽聴取時の課題遂行(仮)

   音楽を聞きながら勉強する人は本当にはかどっているのか?
   という,「はかどらない」発表者の疑問から発生している。
   ・「はかどる」をどうとらえるか。パフォーマンスによる客観的指標か,主観的指標か。
   ・ここでいう音楽はJ-POPとかが順当なんだが,歌詞もメロディもあるよね☆。「音量」も。
     →音楽の統制どうするか?
   ・「注意の分割(配分)」という視点を導入したい。multitask(笑)とかdual taskとか。
   ・注意...とくるのでADHDのことも気になる。
     →傾向をとらえる質問紙もあるし,その文脈で追えば,
       実験パラダイム・実験課題もあれこれ考えられそう。
   ・でもって,生理指標も。何をとろうか。


■ 「統合失調型パーソナリティ」と「音楽(聴覚)」との関係

   ・パーソナリティ全体というよりも,特定の症状との関係をみようという方向。
   ・そして,どうも音・音楽・聴覚にどう結びつけようかは模索中で,
    どちらかというとそこにはこだわりはない,とのよし。

   ・先行研究を探してみたんですよ~の証拠として以下の論文を簡単に紹介された。
   『統合失調型と視聴覚運動情報の統合の関係 : ディスコネクション仮説に基づいた検討
   →視聴覚の運動情報の統合が,高群ではなされにくい(聴覚に対する視覚の影響が少ない)
    ...バリバリ実験ですねぇ。 あなたも実験にしますか。
   ・(いま考えたが,☆みたいに,歌詞とメロディの調和的統合,みたいなのはどうなんだ??)


■ パーソナリティ障害ってなに? 特に3つ。

   ・知識の共有・確認。
   ・発表者が関心を持っているのは,
    境界性パーソナリティ障害・自己愛性パーソナリティ障害・依存性パーソナリティ障害。
   ・そういう傾向と,対人関係(のとり方),ということで。

   ・先行研究も探してみた。
    →BPDはたくさん,自己愛性はほどほどに。依存性はほとんどない。
   ・comorbidityのような点も考える。
   ・「依存性」(傾向)は尺度ないの?ほんとに?
    では関連する/しそうな心理学的コンセプト捜索してみるか。
   ・しかしよくよく診断基準を眺めると,どうも複数の因子...というか要素から
    構成されているようにみえる。
   ・あと,「誰に」,とか。依存の対象。
   ・そして,「ヒトに依存」することと「モノに依存する」ことの類似相違点について
    議論された。


■ 「落ちるというイメージを喚起することが,高所恐怖の増大につながるか」

   もういろいろ知っている人なんで,最初から英語論文で攻めてきました。
   Imagery and fear influence height perception

   ・高いところ苦手なメンバーは「考えるだけで手汗かく」と言っていた。
    →今年の研究会で,聞いているだけで高所苦手感が減少するかもしれないな。
   ・バルコニーから下を眺めて,「高さ」と,地面におかれているターゲットの「大きさ」を推定する
    課題。
   ・「落ちる」をイメージさせたりするらしい。
   ・しかも口頭で答えるのではない風変わりな手法で回答させる。
   →高所恐怖の高い群は,落ちるイメージをするとより怖い。低群にはみられない。
    しかし高さの過大評価は高所恐怖の程度に関係なく両群に生じる
    (そういう過大評価は適応的機能なんじゃ?)。

   ・太ももの横のあたりがゾクゾクゾワゾワする,ということの(誤)「帰属」の問題?
    それを「怖い」と思うか,「楽しい」と思うかはしかし二分法的でないのかも。
    「怖くて楽しい」という AかつB 事態は生じうる。
   ・それよりなにより,あのゾクゾクゾワゾワした感じ,膝やらがガクガクフワフワするのは
    どういう生理的機序によるんだろう??? (←誰か教えてくれ)
   ・デートスポット(や友だちと遊びに行くところ)としての高いところの話で盛り上がる。
    ディズニー,富士急,サンシャイン60などなど。
      近場では...「栓抜き塔」ですか;いやそんなとこにデートには行かん。
    そして男女それぞれに与えられる性役割的なことも。
    (怖くても怖くないふりをしなければならない男子,怖くないのに怖がるふりをする女子)


 *


滑り出し上々。

他に,彼らの生態,いや常態を垣間見る機会を与えて観察する機会がございました(内緒)。

次回は再来週。

|

« 100124[bx1]左紡錘状回のモダリティ特異性とカテゴリー特異性 | Accueil | 学校神経心理09-06 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47388160

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(卒論10-2)100125:

« 100124[bx1]左紡錘状回のモダリティ特異性とカテゴリー特異性 | Accueil | 学校神経心理09-06 »