« 100124[mz3]"self comparisons":どの自分とどういう比較をすると | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症者の記憶障害の特徴は »

24 janv. 2010

100124[bx1][mz3]WCSTやIGTの個人差←WMやpsychoticism

set-shiftingという認知的制御の一側面の個人差。

一方ではワーキングメモリという認知能力。
他方では精神病質という特性傾向。

100124[bx1][mz3]-1 cognitive control; set-shifting; extra-dimensional rule-shifting; reversal learning
Individual differences in cognitive control:
The role of psychoticism and working memory in set-shifting

健常成人(大学生,社会人含む)78名を参加者にした研究。

WCSTの"shifting efficacy"は,
高WM・低psychoticismで最も良好(低WM・高psychoticismで不良)。

IGTにはpsychoticismのみが関わる。


なお,EPQで測定された,特性としてのNeuroticismやExtraversionは
両課題ともそのパフォーマンスに影響していなかった。


 *


けっこうシンプルな論文ではあるのですが,
内容的にも形式的にも,こういうのをもっとも志向している。
認知機能の個人差と,性格特性的なところのインタラクションという意味でも,
研究デザイン的な面でも。


 *


British Journal of Psychology
(この間の Cognition & Emotion と同様に)
EBSCOhost(Business Source Premier)から行けるのですね。学内。
しかも制限/delayはない様子。

たまにはチェックしよう。

|

« 100124[mz3]"self comparisons":どの自分とどういう比較をすると | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症者の記憶障害の特徴は »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47375115

Voici les sites qui parlent de 100124[bx1][mz3]WCSTやIGTの個人差←WMやpsychoticism:

« 100124[mz3]"self comparisons":どの自分とどういう比較をすると | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症者の記憶障害の特徴は »