« 100124[bx1][mz3]WCSTやIGTの個人差←WMやpsychoticism | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症患者とOFC損傷患者の「後悔ギャンブリング」 »

24 janv. 2010

100124[y][bx1]統合失調症者の記憶障害の特徴は

ワーキングメモリ障害や聴覚性記憶の障害,ではなく...

100124[y][bx1]-1 schizophrenia; memory function
Do people with schizophrenia have differential impairment
in episodic memory and/or working memory
relative to other cognitive abilities?


視覚性記憶の低下


127例の患者 vs. 127名の健常対象群。
ふつうこういう研究ではグループスタディ的に群間差をみるところだが,
かなり inter-patient heterogeneity がみられることが知られているので,
この研究では,それぞれの対象者における,(言語理解指標VCIに比しての)
個人内差 intra-person difference , relative cognitive weakness を検討した,
というところが方法論的に新しい。

使ったのはWAIS-III/WMS-IIIから導かれる6指標。
VCIを基準として,残りの5指標がどうなのかを個々の対象者ごとに
VCI<当該指標 VCI=当該指標 VCI>当該指標
と3群に分類してその比率の検討→カイ二乗検定。

VCI指標に比して低下がみられる比率が高いのは(健常対照群のそれと比べて)
高い順に
Visual Memory
Processing Speed
であり,
Perceptual Organizationや
Working Memoryや
Auditory Memory
では低下は目立たなかった。

(個々の下位検査についてや,症状・投薬状況との関係も検討している)

|

« 100124[bx1][mz3]WCSTやIGTの個人差←WMやpsychoticism | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症患者とOFC損傷患者の「後悔ギャンブリング」 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47377314

Voici les sites qui parlent de 100124[y][bx1]統合失調症者の記憶障害の特徴は:

« 100124[bx1][mz3]WCSTやIGTの個人差←WMやpsychoticism | Accueil | 100124[y][bx1]統合失調症患者とOFC損傷患者の「後悔ギャンブリング」 »