« 21 年度大学院教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究口述試験→判定会議(&専攻会議) | Accueil | 09 神経心理学-13&14 »

28 janv. 2010

研究室研究会(院生)100128

研究に関連する書籍の紹介と,さてさてどうしましょう話。
M1のふたり。

私自身はお疲れ気味。


■ ご依頼を受けていた件を処理する。配給。


■ 紹介。『決める
   ・K先生の数学授業のようなところもあり。
   ・「すごろくが苦手」という話。1-1-1-1-1-1と。ほんまかいな。
    →しかし6-6-6-6-6-6と続いたときと,様相が異なるよね。それはどうしてか議論。
   ・UFOキャッチャーの心理学,とか。

 
■ 結局のところ,DPってなんなんだ??
   ・不安を小さくする,だけでは何もわかっていないのと同じ,ような気がする。
    対比的なSOもあいまいではないか。
   ・どうしたら?
    「不安を抱えながら」とか「適度な不安」とか「不安のコントロール」とか
    「時間的なこと」とか
    「熟慮できるかできないか」「準備できるかできないか」
     ↑要素分解主義。絶対必要。最終結果のパフォーマンスがどうこうじゃよくわからない。

|

« 21 年度大学院教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究口述試験→判定会議(&専攻会議) | Accueil | 09 神経心理学-13&14 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47415043

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院生)100128:

« 21 年度大学院教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究口述試験→判定会議(&専攻会議) | Accueil | 09 神経心理学-13&14 »