« 今日明日は発表会やら口述試験やら | Accueil | 21年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »

27 janv. 2010

[心理専門職はどうあるべきか]検索者へ

そういう問いに簡単には答えられないほどの,
広さと深さと多様性があってほしいと思います。

...社会的には。


広さというのはご自分の専門外にまで及ぶ射程の広さ,

深さというのはご自分の専門に関するプロフェッショナルなところ,

多様性というのは
自分以外の他の心理専門職の人々と私はこう違う,ということを,
それぞれの心理専門職の方が抱かれる,ということです。


 *


どなたにも当てはまるような
「狭くて浅くて画一的な」職業人などが
求められているはずはないですよね。

傍から眺めておりますと。

|

« 今日明日は発表会やら口述試験やら | Accueil | 21年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »

10. For-the-SEARCHER 【鏡】」カテゴリの記事

Commentaires

もちろん。


希望的観測。

Rédigé par: m0ch1 | le 27 janv. 2010 à 21:06

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47403851

Voici les sites qui parlent de [心理専門職はどうあるべきか]検索者へ:

« 今日明日は発表会やら口述試験やら | Accueil | 21年度卒業研究発表会→判定会議→謝恩会 »