« 100211[mz3]"love"と"lust"と処理スタイル | Accueil | 署名捺印→ちょこっとしたお菓子 »

12 févr. 2010

09 神経心理学-17&18

前半は「半球優位性」=脳梁の神経心理学。

後半は「意欲・動機づけ」(新ネタ!)。

前半の時間は「脳梁」神経心理学。

脳梁損傷によってあれこれ一側性に生じたり,
移送やマッチングができなくなったりすることのあれこれを説明。

左や右が喋りでも説明図でも錯綜する,ややこしいところをややこしく説明してみる。
しかし,(一側性脳損傷によって生じる)ここまで学習してきた神経心理症状が
いくつも出てくるので,復習というか,まとめのような様相を呈することになる。
数分早く終了。

pptも文字資料もほとんど変化なし↓。

「2010021201.pdf」をダウンロード


 *


昼休み時間にせっせと次の時間用の配布資料を印刷(久しぶりの「自転車操業」状態)。


 *


後半の時間は,「意欲・動機づけ」神経心理学(←新ネタです)。
簡単に言えば,知情意の「意」にあたるところ。

最初に,CASの質問紙スケールに回答してもらう。
(その後各自採点
 →マニュアル記載のカットオフ値を超えるapatheticな受講生が1/4ほどいたんですが...;
 ※スチューデントアパシー傾向でしょうか。2年生多いし。でも授業には出てきているわけで)

アパシーと,
他に入れる適切なところがなかった クリューバー・ビューシー症候群 をここで。
 ※hypermetamorphosis の説明を忘れた;その場でど忘れして。
  「視覚的な刺激に対する反応の亢進」のこと。

アパシーの話には,大脳皮質だけではなく,基底核-視床のことが絡んでくるので
脳単の「J」「L」にお世話になって,
ややこしいBasal Ganglia/Thalamusあたりのことも見てもらいながら。

アパシーと抑うつ・抑うつ状態,またアンヘドニアとの共通症状・相違点など。
皮質-基底核-視床回路のこと→アパシーの3型など。

その流れで,「報酬」(と「罰」...実際には報酬のことがほとんどですが)のイメージング研究をいくつか。
報酬になるものはいろいろあるねぇ。お金,物,魅惑的な異性,恋愛,食べ物(のいい匂い)などなど。
ドーパミン絡み。

そして最後に,addiction(依存・嗜癖)についてちょっと。

こっちも数分前に終了した。
なんかこう,意欲満々といった風でもなく,かといって嫌そうでもなく,
淡々とやってしまった感が(しかし「アパシー」のところなんだから,まあいいか)。

脳疾患によるアパシー(意欲障害)の臨床
おおいに参考にさせていただきました。この本があったから組み込もうという気になったわけで。


てことで文字バージョン↓もpptバージョンも「新作」。

「2010021202.pdf」をダウンロード


 *


私に本日報酬を与えてくれる,可憐な(チャレンジャーな)受講生はおりませんでしたことも,
あわせてご報告しておこう。


しょぼーん。

|

« 100211[mz3]"love"と"lust"と処理スタイル | Accueil | 署名捺印→ちょこっとしたお菓子 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47547356

Voici les sites qui parlent de 09 神経心理学-17&18:

« 100211[mz3]"love"と"lust"と処理スタイル | Accueil | 署名捺印→ちょこっとしたお菓子 »