« 文庫と新書 | Accueil | 09 神経心理学-19&20 »

18 févr. 2010

研究室研究会(院生)100218

3人準備しておられたが,意外に盛り上がっておふたり。
3時間以上やるなんて。

■ 先日発表してまいりました

・事前に研究会ではしていなかったので,復習(=復讐)的にやっていただき,
 当日頂戴したコメント(→とご本人のリコメント)をもとに,あれやこれやとディスカッション。
・日本での研究をもっと取り入れるようにと指導される人は珍しいんじゃなかろうか。むしろ喜べ。
・打たれ強くなったのぉ。
・とはいえ,「~はですねぇ」を消去すべく指導してみる。ひとまずは。


■ 「良い○○○○」とは何か? を考えたい。

・3つの具体例を挙げて考えるというスタイル。
・求めているものが人によって/内容によって異なる。しかしすべてには応えられず,
 誰かが決めている側面が(&他の何かとの絡みで決まってくる部分も)。
・そういう状況で,(一元的な)「良い○○○○」を,定められるだろうか。
・「バリュー」=価値判断ということがここでは二重に絡み合っている。
 どちらのバリューも,そのまま扱うのは極度に難しい。
 せめてその受け手側の実態(意識)を調査してみるか,
 あるいはバリューそのものを取り上げない・取り入れない。研究に。
・他の「心的概念」も考えて,それとの関係を調べてみるという方向に誘導してみる。ひとまずは。


 *


20日土曜日午後に記す。一日空くと忘れちゃうねえ。

|

« 文庫と新書 | Accueil | 09 神経心理学-19&20 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47615721

Voici les sites qui parlent de 研究室研究会(院生)100218:

« 文庫と新書 | Accueil | 09 神経心理学-19&20 »