« 会議が4つ | Accueil | 本日は学内からのアクセスが多いようで »

04 mars 2010

100304[mz3][bx1]ゆるし(forgiveness)と実行機能(executive functioning)

EFがゆるしを促進するのだそうです。

100304[mz3][bx1]forgiveness; executive functioning; rumination
What it takes to forgive:
When and why executive functioning facilitates forgiveness.

研究1:ゆるし傾向質問紙の得点と2-back taskの成績に正の相関。
研究2:過去に生じた「腹の立つこと」を5週longitudinallyに考えたときに,
     高EF者はゆるし得点がリニアに高くなる/低EF者は途中で「打ち止めになり」下降する。
     ※EFは,"EAST"というtask switching/inhibition課題で測定される。

研究3:そのゆるしは,offenseの強さ,commitmentの強さ,
     さらにoffense severity×EFの交互作用項によって説明され(重回帰),
研究4:どうやらそれは,EF→反すう(rumination)→ゆるし,という,
     反すう媒介モデルによって説明できる(mediator analysis)。


"when and why"はですからとりわけ,
・腹立ち度の高い出来事に対して,
・反すうを統御することによって,
ゆるすことができる,となるようです。


 *


personality (individual differences) psychology と neuropsychology は
この研究のように,これからもっと仲良くなるでしょうね。

特定のパーソナリティを,
"brain fuctioning"の個人差によってバイオロジカルに説明する。

逆に,EFの低下した脳損傷例の「性格変化」とか「行動異常」(というアンブレラターム)を,
このような知見に基づいて,より詳細にみていくことができるかもしれない。
研究という意味だけではなく,介入/支援という視点からも十分意味がある。

|

« 会議が4つ | Accueil | 本日は学内からのアクセスが多いようで »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/47720513

Voici les sites qui parlent de 100304[mz3][bx1]ゆるし(forgiveness)と実行機能(executive functioning):

« 会議が4つ | Accueil | 本日は学内からのアクセスが多いようで »